UEFAネーションズリーグ(UNL)リーグBグループ4第6節のスウェーデン代表対スロベニア代表戦が現地時間27日に行われ、1-1のドローに終わった。この試合ではスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコが衝撃的なスーパーゴールを記録している。

 19歳にしてオーストリアのレッドブル・ザルツブルクで主力として活躍し、“ネクスト・ハーランド”との呼び声も高いシェシュコ。多くのビッグクラブからの関心を引き付けた末に、来年夏からは姉妹クラブであるRBライプツィヒへ移籍することがすでに決定している。

 そのシェシュコは、UNLリーグB残留を懸けての直接対決となったスウェーデン戦で鮮やかな先制ゴールを記録。敵陣内右サイドからペタル・ストヤノビッチがエリア左へと送り込んだロングボールに合わせ、浮き球を完璧な左足ボレーで叩いてGKの頭上を抜くシュートを突き刺した。

 左右逆ではあるが、オランダの名ストライカーであるマルコ・ファン・バステン氏がかつてユーロ決勝で決めた伝説的ゴールに酷似する一撃。各国メディアも若いストライカーの芸術弾を絶賛している。