マンチェスター・ユナイテッドは、夏に獲得を逃したMFフレンキー・デ・ヨングへの関心を失っていないという。『ESPN』が伝えた。

 エリック・テン・ハフ監督は今夏、デ・ヨングの獲得にこだわっていた。しかし、バルセロナとの取引はまとまらずに終わっている。また、ボルシア・ドルトムントのMFジュード・ベリンガムにも興味を持っており、ダブル獲りを狙っているようだ。

 デ・ヨングはユナイテッド移籍を望まずに残留した形だが、テン・ハフ監督はこれから説得が可能と信じているという。19歳のベリンガムは多くのトップクラブが獲得を狙っており、ユナイテッドも争奪戦に加わるつもりでいるそうだ。

 ユナイテッドは2人の獲得を重要視しており、大金を投じる準備がある模様。そのため、1月の移籍市場は比較的おとなしくなるのではないかと予想されている。