●新体制で三笘薫はどうなる?

 プレミアリーグ第9節のリバプール対ブライトン戦が現地時間1日に行われる。アウェイのブライトンのスタメンを予想する。

 インターナショナルウィーク前のリーグ戦2試合が延期となったのはリバプールと同じだが、異なるのはチャンピオンズリーグの試合がなかった点。ブライトンにとっては試合自体が4週間ぶりとなる。

 その4週間の間にチームの状況は一変した。グレアム・ポッター前監督はトーマス・トゥヘル氏の後任として引き抜かれる形でチェルシーへ。ブライトンは新監督としてイタリアのロベルト・デ・ゼルビ氏を招へいすることになった。

 新監督のチーム作りがどの程度進んでいるのか、初陣をどんなメンバーで戦うのかは未知数。だがチームが順調な戦いを見せていたことを考えれば、まずはポッター前監督の戦い方を踏襲することからスタートするのが妥当なところか。

 GKはロベルト・サンチェス。3バックの布陣を変えないとすれば、今季不動のジョエル・フェルトマン、ルイス・ダンク、アダム・ウェブスターが最終ラインを構成する。

 中盤にはエクアドル代表として日本代表とも対戦したモイセス・カイセドと、アレクシス・マック・アリスター。ソロモン・マーチが左サイドに移り、右サイドにはタリク・ランプティが今季初先発か。レアンドロ・トロサールが高めのポジションを取り、パスカル・グロス、ダニー・ウェルベックとともに前線を形作る。

 前体制で先発出場のなかった三笘薫は、すぐに状況が変わるとは考えにくい。練習の中で、また交代出場からの短いプレー時間の中で新監督へのアピールに努めていきたいところだ。