主力を継続的に招集したザック。弊害も

 アギーレ新監督にはこれまで非常に厳格なイメージを持っていたが、今回の会見を通して誠実な一面を見ることができた。突拍子もない質問や内容的に繰り返しとも思えるような質問にも、嫌な態度もせずに受け答える姿はザッケローニ前監督のそれに相通じる部分がある。ただ、ピッチ上ではより勝負師のキャラクターが強い。

 日本代表において、実際にどう強化していくかは現時点で未知数な部分は大きいが、発言から読み取るならば前監督よりもチーム内の競争が期待できる。冒頭の挨拶から「ユース世代の育成にも関心を持っている」と語ったのは4年間を見通す上で重要なメッセージかもしれない。

 ザッケローニ前監督は2011年のアジアカップで平均25.1歳のメンバーを引き連れて優勝したが、当時の若手も多くは岡田ジャパンで招集経験のある選手たちだった。そのうち13人がブラジルW杯のメンバーに入ったわけが、4年間を通じて主力はほとんど変わることなく、後から定着した選手たちの多くが本大会まで1年を切った昨年7月の東アジアカップで台頭した選手だった。

「代表の扉は常に開かれている」は前監督の決まり文句の1つであり、実際にJリーグの試合に数多く足を運び、映像チェックとスタッフとの情報交換から若手選手を招集したこともあった。

 しかし、結局は主力の継続的な招集が優先されてきたことが、競争力の低下につながったことは確かだろう。昨年8月のウルグアイ戦で青山敏弘を選出した時のコメントがザックジャパンを象徴している。

「一度だけ短期合宿に呼んだことがあったが、その後は招集をしていなかった。しかし、その後の3年間も見ている。非常に気に入っている選手だ」

違いその1:選手選考

 青山は東アジアカップで台頭した1人だが、アジア予選の過程で中盤の構成を固定しすぎなければ、もっと早く招集は可能だった。ザッケローニ前監督は多くの選手をチェックしてポテンシャルを把握していながら、主力を一時的に外して若手やフレッシュな選手を試すことができず、Jリーグですでに結果を出している選手のテストや組み込みも大きく遅れる結果になった。

 アギーレ監督は「過去のことに関してコメントするのは好きではありません」と前置きした上で「とにかく競い合う、切磋琢磨するチームを作りたい」と語ったことは自身の経験に、ブラジルW杯で日本代表が露呈した問題を加味しての発言だろう。

 主力のコンディションが良好でないにもかかわらず、6人もの選手が起用されないまま大会をさることになった事実をアギーレ監督も認識しているはずだ。

 奇しくもアギーレ監督は「全てのプレーヤーに扉は開いている。日本国内でプレーしている選手、海外でプレーしている選手、全ての選手です」と、ザッケローニ前監督と同じ趣旨の発言をした。

 だが、「選手選考のプロセスは時間がかかると思っている。次の試合に誰かを招集したからといって、その選手たちが長期に渡ってということでは決してありません」と強調したことは大きな違いを示している。

 例えば親善試合が続く場合、主力候補であっても所属クラブの事情やコンディション、他の選手をテストしたい理由などで呼ばないケースが考えられる。その場合に課題となるのはチーム強化のカギとなる戦術理解だ。

 新しい選手のテストを重視すればするほど、継続的な戦術の植え付けは難しい作業になる。時期によっては何ヶ月も集まれないことがある代表チームで、しかも招集の度にメンバーが変わるとチームの成熟度は下がってしまう。

違いその2:戦術、その3:規律

 これがイタリアならば、多くの代表候補を抱えるユベントスとミランの選手を軸としながら、ナポリやローマ、あるいは他国で活躍する選手をオプションとして加える様な形もとれるが、日本の場合は事情が全く異なる。

 ザッケローニ前監督も就任当初はもっと柔軟な選手選考をイメージしていたはずだが、代表チームを率いる試行錯誤の中で、特にアジア予選の期間中は慎重な選考になってしまったのだろう。

 その点でアギーレ監督が二度のW杯を経験していることは大きなアドバンテージだが、実際に日本の選手たちを率いる中で、競争力と戦術理解をどこまで共存させていけるかは4年間のキーポイントだ。

 戦術面に関して「バランスを重視したい」と語る通り、基本的な考え方はザッケローニ前監督と大きな違いは無い。ただし、「このレベルまで来ると1つのシステム(だけで戦うこと)はありえない」と抱負を語りながら結局は4−2−3−1が固定システムになった前体制と異なり、実戦レベルで対戦相手や状況によって形や選手の配置も変化させることに、もっとこだわるのではないか。

 また攻撃に関して、前監督はサイドを起点とした攻撃を重視したが、新監督はスペインでの戦いぶりを見ても、いくつかの戦い方をフレキシブルに選択できるチームを目指すはず。ここは決して強豪とは言えないクラブでビッグクラブと渡り合ってきたアギーレ監督の強みだからだ。

 柔軟性の高い戦術を植え付け、しかも競争力を低下させないために必要なのはチームの規律だ。ザッケローニ監督は良い指導者であったことは間違いないが、規律面に関して選手任せの部分も見られた。

 日本の選手は目に見えて不真面目な態度や争いを起こすことが少ないが、それがなれ合いになる傾向もある。限られた期間で、良い意味での張り詰めた雰囲気を作り出すことはアギーレ監督に求められるところで、それが勝負強さにもつながるのではないか。

違いその4:選手育成

 加えて、育成に強い関心を持っていることも、戦力の発掘だけでなく戦術面の強化につながる。ザッケローニ前監督は五輪予選の現場に足を運ぶなど、選手のチェックはしっかりやっていたが、育成年代との方向性の共有が限られていた。

 アギーレ監督は来年のU-20W杯を目指すU-19や2年後のリオ五輪を目指すU-21の公式戦と親善試合が重なれば、そちらを優先する方針を示している。U-21代表の手倉森誠監督がA代表のコーチを兼任するが、堅守をベースとしながら対戦相手に応じて駆け引きをする部分は似ており、戦術面の共有を図っていくことは可能だ。

「代表監督の経験もありますし、クラブレベルでもいろいろなクラブをやっています。特にスペインで非常にチーム状態が厳しい状況で(引き受け)、その中で守備をしっかり立て直して、勝ち点を取って残留させたというのは、むしろ強いチームを勝たせるというよりも難しい。そういう作業をやってきた」(原博実専務理事)

 理想ではなく現実を見極めながら、最大の結果を掴み取る。前監督は「ザッケローニのサムライはいいプレーを見せたという思い出を残したい」と目標を語った。アギーレ新監督はそうした目標を就任会見では掲げなかったが、代わりに“コミット”という言葉でテーマを表した。それは直訳するなら“役割に責任を持ち全力でやり抜く”ということ。

 ザックジャパンもチームのポテンシャルが低かったわけではないが、それを本大会で発揮し、勝利に結び付けるためにはチームが競争意識を持ち続け、より勝負を厳しく突き詰めていくことが求められる。その意味で、現時点でアギーレ監督に対する期待は大きいが、応援する側や報道する側も4年間を通して厳しい目線を持っていくべきだろう。