明治安田生命J2リーグ第39節およびJ3リーグ第27節の試合が1日から2日にかけて各地で行われた。2日日曜日にはJ2で5試合、J3で7試合が開催されている。

 J2では自動昇格のチャンスを残す3位ファジアーノ岡山がアウェイでツエーゲン金沢と対戦したが、1-3で敗戦。アルビレックス新潟と横浜FCは次節の結果により自力で自動昇格を決められる状況となった。

 4位のロアッソ熊本もホームでブラウブリッツ秋田に敗れ、岡山との差を縮めることはできず。6位のベガルタ仙台も同じく東京ヴェルディに敗れ、7位以下のチームにプレーオフ圏浮上のチャンスを残す形となった。

 下位では21位のいわてグルージャ盛岡が土壇場でレノファ山口FCに追いついて3連敗をストップ。だが最下位のFC琉球と同じく、次節の結果次第でJ3降格が決まってしまうかもしれない。

▽J2第39節(2日)
熊本 1-2 秋田
仙台 0-2 東京V
水戸 0-1 千葉
金沢 3-1 岡山
山口 2-2 岩手

 J3では首位のいわきFCがカマタマーレ讃岐に4-1と快勝し、2位との4ポイント差をキープ。松本山雅FCはアスルクラロ沼津とドローに終わり、1日の試合に勝利した藤枝MYFCに抜かれて4位に後退している。

 5位のカターレ富山はSC相模原に、6位のFC今治はガイナーレ鳥取にそれぞれ勝利。終盤戦に向けて上位進出の可能性を残している。

▽J3第27節(2日)
八戸 1-0 愛媛
いわき 4-1 讃岐
沼津 0-0 松本
今治 3-0 鳥取
富山 1-0 相模原
岐阜 1-1 福島
北九州 4-0 宮崎