プレミアリーグの公式SNSが、ブレントフォードのFWイヴァン・トニーが決めた鮮やかなゴールを紹介した。

 26歳のトニーは、現在プレミアリーグで活躍中のストライカー。リーグ戦12試合で8ゴールの大活躍で、カタールワールドカップへ行くイングランド代表に呼ばれるのではないかと噂になっている選手だ。

 3年前までイングランド3部で戦っていたトニーは、高い決定力が魅力のストライカー。その魅力が前面に出ているのが、今年1月に生まれたこのゴールだ。

 セットプレーで右サイドに低い位置から出た長いボールに走り込んだトニーは、ファーサイドで右足のボレー。思い切り叩きたくなるようなボールを冷静に上からかぶせてとらえて、抑えの利いたシュートをゴール右隅に流し込んだ。

 PK職人としても知られるトニー。ハリー・ケインの控えはイングランド代表としても心配なポジションなだけに、大きな武器になるかもしれない。