日本サッカー協会(JFA)は3日、カタールワールドカップに臨むサッカー日本代表選手たちの背番号を発表した。

 チームの顔とも言える今大会の背番号10はMF南野拓実に決まった。森保ジャパン発足当初はMF中島翔哉が10番を背負っていたが、同選手が日本代表から遠ざかるようになって以降は南野が継続的に10番を務めてきた。自身初となるワールドカップ本大会でも南野は引き続きエースナンバーを背負う。

 また、これまでMF原口元気が着用してきた8番はFW堂安律が継承。FW大迫勇也のイメージが強い15番はMF鎌田大地が背負うことになった。7月のEAFF E-1サッカー選手権決勝大会などでのアピールが実り、最終メンバーに生き残ったMF相馬勇紀は24番を着ける。

 崩しの切り札として期待されるMF三笘薫は、ストライカーのイメージが強い9番を背負うことに決まった。

 日本代表選手たちのカタールワールドカップでの背番号は以下の通り。

▽GK
1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)
12 権田修一(清水エスパルス)
23 シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

▽DF
5 長友佑都(FC東京)
22 吉田麻也(シャルケ04/ドイツ)
19 酒井宏樹(浦和レッズ)
3 谷口彰悟(川崎フロンターレ)
2 山根視来(川崎フロンターレ)
20 中山雄太(ハダースフィールド/イングランド)
4 板倉滉(ボルシア・メンヒェングラードバッハ/ドイツ)
16 冨安健洋(アーセナル/イングランド)
26 伊藤洋輝(シュトゥットガルト/ドイツ)

▽MF/FW
7 柴崎岳(レガネス/スペイン)
6 遠藤航(シュトゥットガルト/ドイツ)
14 伊東純也(スタッド・ランス/フランス)
10 南野拓実(モナコ/フランス)
13 守田英正(スポルティングCP/ポルトガル)
15 鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)
24 相馬勇紀(名古屋グランパス)
9 三笘薫(ブライトン/イングランド)
25 前田大然(セルティック/スコットランド)
8 堂安律(フライブルグ/ドイツ)
21 上田綺世(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
17 田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)
11 久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)
18 浅野拓磨(ボーフム/ドイツ)