●もう見たくない…。リバプールで嫌われた5人(1)

 そのクラブに全てを捧げて、引退後もサポーターから熱烈な支持を受けるレジェンドと呼ばれる選手もいれば、移籍、給与、言動などが原因でそれに対してサポーターから歓迎をされない「嫌われた選手」もいる。今回は、様々な理由からリバプールで嫌われてしまった5人の選手を紹介する。
————————————-

マイケル・オーウェン(現役引退)
生年月日: 1979年12月14日
リバプール通算成績:297試合158得点47アシスト

 マイケル・オーウェンがリバプールのレジェンドであることは、297試合158得点という圧倒的な成績、獲得した計6つのタイトルからも明らかだ。しかし、一部のサポーターからは現在まで嫌われ続けている。

 その理由は明確だ。04年夏にレアル・マドリードへと移籍した“ワンダーボーイは”、ニューカッスルを経て09年夏にリバプールのライバル、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍を決断したのだ。この宿敵への移籍を歓迎するサポーターはいるはずがなく、それ以降オーウェンがアンフィールドに出向いた際にはブーイングを浴びせた。

 そしてオーウェンへのブーイングは引退するまで続いた。これには本人も大変なショックを受けており、今でもリバプールサポーターとすれ違った際に、心ない言葉を掛けられることもあるそうだ。リバプールOBのジェイミー・キャラガーとの対談では「僕がリバプールサポーターに認められる日は二度と来ないだろう」と複雑な心境を明かしている。

 リバプールへの忠誠を誓い続けた同年代のスティーブン・ジェラード、キャラガーとは対照的になってしまったオーウェン。彼が歓迎されてアンフィールドへと帰還する日は訪れるのだろうか。

もう見たくない…。リバプールで嫌われた5人 全選手紹介
もう見たくない…。リバプールで嫌われた5人(2)
もう見たくない…。リバプールで嫌われた5人(3)