アトレティコ・マドリードのFWジョアン・フェリックスに対して、パリ・サンジェルマン(PSG)が関心を示している。フランス『パリジャン』の報道をもとにスペイン『マルカ』が伝えた。

 アトレティコ・マドリードで厳しい立場になっているジョアン・フェリックスは、移籍が噂になっている。複数のビッグクラブが関心を示しているが、『パリジャン』によると、PSGの動きは本格的なようだ。

 この報道によると、PSGは今冬の移籍市場でジョアン・フェリックスを迎える意向。PSGのルイス・カンポスSDとジョアン・フェリックスは旧知の関係で、それが交渉で有利に働くはずだと記事は伝えた。

 ただ、ジョアン・フェリックスの移籍金は高額になるため、PSGがすぐに用意できるとは限らない。レンタルの可能性も含めて交渉に臨むものとみられている。

 ジョアン・フェリックスに対してはマンチェスター・ユナイテッドなども関心を示している様子。シーズン途中の移籍はあるだろうか。