スコットランド1部リーグのセルティックは23日、ヴィッセル神戸からDF小林友希を完全移籍で獲得したことを発表した。

 セルティックの発表によると、小林との契約は5年間。12月1日にチームに合流し、2023年1月に選手登録される予定となっている。

 また、ヴィッセル神戸も小林のセルティック移籍を発表。その中で小林は、「今シーズン厳しい結果で終わり、このタイミングで移籍していいのか悩みましたが、ヨーロッパでプレーすることは、サッカーを始めた頃からの憧れであり目標でした。このタイミングでのチャレンジを理解してくださり、送り出してくれたクラブには感謝してもしきれません」とコメントし、クラブやファンへの感謝を強調している。

 アンジェ・ポステコグルー監督率いるセルティックには、FW古橋亨梧、前田大然、MF井手口陽介、旗手怜央といった日本人選手が所属している。


英国人が見たサッカー日本代表対カナダ戦「久保建英の意図は…」「ドイツ戦の1トップは…」