【日本 0-1 ドイツ FIFAワールドカップカタール・グループE第1節】

 サッカー日本代表は23日、FIFAワールドカップカタール・グループE第1節でドイツ代表と対戦している。前半を終えてスコアは0-1で日本代表が追いかける立場だ。

 日本代表は冨安健洋がベンチスタートで、センターバックは吉田麻也と板倉滉のコンビ。中盤は負傷明けの守田英正が控えで、遠藤航と田中碧がボランチとなった。

 立ち上がりからボールを持つのはドイツ代表だが、日本代表としても想定内の展開。ワントップの前田大然のスピードを活かすシンプルなプレーを心がけて入った。

 最初の決定機は日本代表。8分、伊東純也のクロスに前田が飛び込んでゴールネットが揺れた。だが、これは明らかなオフサイドで認められず。先制点は幻となった。

 ドイツ代表は17分、CKのチャンスにリュディガーがヘディングで競り勝つ。これは枠を外れたが、ドイツ代表がじわじわと押し込む時間を長くしていった。

 すると31分、ドイツ代表が完全に日本代表の守備を攻略。中央のキミッヒが左から駆け上がったラウムにパスを送り、完全にフリーでゴール前へ。切り返したところでGK権田修一のファウルとなり、ドイツ代表にPKが与えられる。これをギュンドアンが決めてドイツ代表が先制した。

 その後もドイツ代表が押し込む時間が続く。前半アディショナルタイムにはドイツ代表がゴールネットを揺らすも、VARでオフサイドが確認されてゴールは認められず、日本代表は1点差で折り返した。

【得点者】
33分 0-1 ギュンドアン(ドイツ代表)


英国人が見たサッカー日本代表対カナダ戦「久保建英の意図は…」「ドイツ戦の1トップは…」