FIFAワールドカップカタール2022・グループリーグD第3節、チュニジア代表対フランス代表が現地時間11月30日に行われ、フランス代表は0-1の敗戦を喫した。しかし、再開後のゴール取り消し判定が大論争を巻き起こしている。フランス側がFIFAに異議申し立ての準備をしていると、フランスメディア『スポーツ』が報じた。

 フランス代表が0-1で迎えた後半アディショナルタイム、オーレリアン・チュアメニのクロスはチュニジア代表のモンタサル・タルビに跳ね返されるが、中途半端なクリアになったため、それを見逃さなかったアントワーヌ・グリーズマンが押し込んで土壇場で同点に追いつく。直後にVARによってゴール取り消しの判定が下され、フランス代表は0-1の敗戦を喫した。

 チュアメニがクロスを蹴った時点でグリーズマンがオフサイドポジションにいたことと、タルビのヘディングは意図的なプレーではなくディフレクションであると判断されたことが、VARによるゴール取り消しに繋がっている。しかし、同メディアはタイトルに「FIFAがスコアを変える可能性がある」と付け、「フランス側が FIFAに苦情を申し立てている」と報じた。

 続けて「グリーズマンのオフサイドの解釈について話しているのではない。これは議論の余地があるが、主な問題ではない。懸念されるのは、直後にVARの判定を下さなかったことだ」とし、ゴールを認めた後にキックオフして少しでも試合を再開、その後にゴール取り消ししたことが争点だと伝えている。また、フランス代表を率いるディディエ・デシャン監督は、試合後の会見で「レギュレーションについての回答を待っている。主審はキックオフした後、笛を吹いた」と語り、不満を示した。