●センターバックは足りない?

 サッカー日本代表はAFCアジアカップの直前となる来年1月1日に、タイ代表と対戦する。ただ、この試合はインターナショナルマッチウィークではないため、日本代表に選手の拘束力はなく、招集できる選手は限られる。各クラブの事情を加味した上で、現時点で想定できる先発メンバーを予想する。

【画像】サッカー日本代表、タイ代表戦の予想スタメン&フォーメーション

 ブンデスリーガ(ドイツ)、リーグ・アン(フランス)、エールディ・ビジ(オランダ)は日程的にタイ代表戦に出場できる可能性が高い。一方で、プレミアリーグ(イングランド)、ラ・リーガ(スペイン)、セリエA(イタリア)、ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー)、スコティッシュ・プレミア(スコットランド)などは年末年始にもリーグ戦が組まれており、アジアカップ開幕直前に開催地カタールで合流となる可能性が高いだろう。

 シリア代表戦で先発した鈴木彩艶は、年内最後の試合を12月27日に控えているため、移動と時差を考えると参加を見送る可能性がある。GKには国内組の大迫敬介が起用されることになるだろう。

 やりくりが難しいのがセンターバックだ。板倉滉(ボルシア・メンヒェングラートバッハ/ドイツ)で1枠は埋まるが、冨安健洋(アーセナル/イングランド)はおそらく参加できない。町田浩樹(ウニオン・サン=ジロワーズ/ベルギー)や渡辺剛(ヘンク/ベルギー)、谷口彰悟(アル・ラーヤン/カタール)は、合流できたとしても直前になる可能性があり、タイ代表戦への参加を見送る可能性がある。

 3月に招集された瀬古歩夢(グラスホッパー/スイス)は日程的には参加できるが、本大会メンバーを板倉、冨安、町田、谷口彰悟が埋めるとなると、瀬古をタイ代表戦だけに呼ぶのは考えにくい。その場合は国内組から藤井陽也(名古屋グランパス)ら、下の世代からチェイス・アンリ(シュトゥットガルトⅡ)らを呼ぶ可能性もある。伊藤洋輝(シュトゥットガルト/ドイツ)をセンターバックで起用するパターンはあるかもしれない。

●久保建英や三笘薫、遠藤航が不在のMFは…

 サイドバックは毎熊晟矢(セレッソ大阪)、伊藤洋輝、菅原由勢(AZ/オランダ)が参加できるはずだ。毎熊が最後の公式戦から約1か月空くことを考えると、スタートは菅原と伊藤になると予想する。中山雄太(ハダースフィールド/イングランド2部)の参加は難しそうだが、このポジションは起用の目処が立つ。

 中盤は遠藤航(リバプール/イングランド)、守田英正(スポルティングCP/ポルトガル)の招集が難しそうだ。ミャンマー代表戦のように田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/ドイツ)を中盤の底に配置し、南野拓実(モナコ/フランス)と堂安律(フライブルク/ドイツ)をインサイドハーフに置く布陣が想定される。今シリーズに参加できなかった伊藤敦樹も怪我から復帰できれば名を連ねるかもしれない。その伊藤敦樹に代わって追加招集された佐野海舟も候補に名を連ねる。

 久保建英(レアル・ソシエダ/スペイン)や三笘薫(ブライトン/イングランド)は招集できないが、10月に足首を負傷した中村敬斗(スタッド・ランス/フランス)がタイ代表戦には間に合うと考えられる。右サイドには伊東純也(スタッド・ランス/フランス)が入るだろう。今シリーズに参加した1トップ候補3人は参加できる可能性が高い。1トップには上田綺世(フェイエノールト/AZ)が起用されるだろう。

英国人が見たサッカー日本代表対シリア戦「久保建英のパスは…」「細谷真大は少し違う武器…」
サッカー日本代表、シリア戦全選手パフォーマンス査定。久保建英? 伊東純也? MVPに選ぶのは
日本代表、次戦のTV放送・配信予定・キックオフ時間は?