●いい意味で期待を裏切ったトッテナム

 今夏に日本を賑わせるニュースが飛び込んできた。かつて横浜F・マリノスで指揮を執り、セルティックでは多くの日本人選手を指導したアンジェ・ポステコグルーが今年6月にプレミアリーグの名門トッテナムの新監督に就任した。就任からおよそ半年、彼のこれまでのノースロンドンでの歩みを振り返る。(文:安洋一郎)
——————————  
 今季のトッテナムは大きく“賭け”に出た。

 選手としても、監督としても欧州5大リーグでの経験がないアンジェ・ポステコグルーを新指揮官として招聘したのだ。

 この人事は近年のトッテナムを見ると極めて異例だと言える。マウリシオ・ポチェッティーノ(現チェルシー監督)のもとでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を果たして以降、立て続けにビッグタイトルの獲得経験がある実績十分な監督を招いていた。

 オーナーのダニエル・レヴィからすると、「2007/08シーズンのリーグカップ以来のタイトルまであと少し」という状況を加味しての大物監督の招聘だったのだろうが、結果は失敗に終わった。

 この失敗はタイトルを獲得できなかった以外にもダメージは大きかった。ジョゼ・モウリーニョには「キャリアの中で、唯一深い愛情を抱かないクラブはトッテナムだ」、アントニオ・コンテには「このオーナーで20年やってきて、何も勝てていない」と、バッサリと言い捨てられたのだ。

 今年の3月に起きた“コンテショック”から立ち直ることができなかったノースロンドンの名門は、14シーズンぶりに欧州カップ戦の出場権を逃す結果に終わっている。

この状況で白羽の矢が立ったのが、セルティックでリーグ2連覇を達成していた58歳のオーストラリア人だった。6月6日にトッテナムと4年契約を結んだ。

●低い期待値に相反する好スタート

 しかし、彼に対するイングランド国内での知名度が高くないことや、ライオン・シティ(シンガポール)とシャフタール・ドネツクに勝利した一方で、ウェストハムとバルセロナに敗れたプレシーズンの結果も相まって、サポーターからの期待値は決して高くはなかった。

 アメリカの『The Athletic』がシーズン前に行った「今季の応援するクラブへの期待値は?」というアンケートによると、トッテナムサポーターで「期待できる」と回答したのは全体で11位の79%に留まっている。

 クラブ史上最高の選手であるハリー・ケインがトッテナムを去る前に取ったアンケートだったことを踏まえると、実際の期待値はさらに低かったかもしれない。

 この期待値の低さに相反して、ポステコグルーが率いるトッテナムは躍進を遂げた。第10節まで無敗の首位に立つ(現在は4位)と、オーストラリア人指揮官はプレミアリーグ史上初めて開幕から3ヶ月連続でリーグの月間最優秀監督賞を受賞という快挙も成し遂げた。

 まだ「成功」と言い切るには早いだろうが、なぜポステコグルーは就任早々から結果を出すことができたのだろうか。

●すぐに結果を出せた理由

 横浜F・マリノス時代から知るサポーターからすれば、ポステコグルーのチームは完成するまでに時間を必要とするイメージがあるだろう。実際に同クラブ就任初年度の2018年シーズンは降格した柏レイソルと勝ち点2差の12位でフィニッシュと、残留争いに巻き込まれていた。

 一方のトッテナムでは開幕10試合で8勝2分という最高のスタートダッシュに成功している。その間の対戦カードが昇格組の3クラブを筆頭にボトムハーフのクラブが多かったことや、欧州カップ戦がないことによる日程的な優位性があったとしても、序盤から勝ち点を積み上げられたことは素晴らしい結果だと言えるだろう。

 これだけ早くから結果という面で成果をあげられたのは、ポステコグルーの戦術にフィットする選手が数多くチームにいたことに依る部分が大きい。特に大きかったのが、今夏に獲得したグリエルモ・ヴィカーリオやミッキー・ファン・デ・フェン、ジェームズ・マディソンの3選手の存在である。

 今季のトッテナムは第12節終了時点で挙げた8勝のうち、7勝が2点差以内と接戦をモノにできている。その立役者となっているのが、昨季プレミアリーグで最多の失点に直結するミスを犯したウーゴ・ロリスに代わって正GKを任されているヴィカーリオだ。試合の勝敗に直結する場面でのビッグセーブが多く、彼が絶体絶命のピンチを彼が防いだことで、結果的に自分たちの流れになるという試合展開が多い。

 ヴォルフスブルクから加入したCBファン・デ・フェンは、加入当初こそ空中戦の弱さを懸念されていたが、今ではポステコグルー監督の代名詞でもあるハイライン戦術に欠かせない選手となっている。アグレッシブに前に出る守備が得意な相方のクリスティアン・ロメロに対して、この若きオランダ代表DFは背後のスペースを一人でカバーできる圧倒的な走力がある。両CBの補完性は抜群で、彼のスピードがチームを救った場面は序盤戦だけでも数多くあった。

●トッテナムの嬉しい誤算

 退団したケインに代わって背番号10を背負うMFマディソンは“王様”の如くチームの中心に存在している。すでにチームメイトからの信頼は厚く、彼がボールを持った瞬間に周りの選手が走り出す攻撃のパターンが確立。パスの出し手としてだけでなく、自らスペースにボールを呼び込んでフィニシュに持ち込むなど、受け手としても高い精度を発揮している。

 嬉しい誤算だったのが、コンテ政権時に獲得したDFデスティニー・ウドジェとDFペドロ・ポロの両SBだ。彼らは共に前所属では3バックのWBとしてプレーしており、トッテナムでも同様の役割が求められて加入をしていた。

 WB時代は大外のアップダウンが求められていた彼らだが、ポステコグルーのチームではビルドアップ時に偽SBとして内側に絞るプレーと、ファイナルサードではアウトサイドからWGを追い越して攻撃参加をするタスクが与えられている。両者はともにこの役割を完璧に理解をしており、すでに2アシストずつを記録するなど攻撃面で強いアクセントとなっている。

 また前政権ではほとんど戦力となり切れていなかったMFイヴ・ビスマとMFパペ・マタル・サールもタブルボランチのレギュラーに定着した。

 ファン・デ・フェンやマディソンらポステコグルーのチームにフィットするとされて獲得した「新戦力」と、ポテンシャルを活かしきれていなかった「現有戦力」が上手く嚙みあったことで、どのクラブにも劣ることのないイレブンを作り上げた。

●即座に最適解を導き出す“ポステコグルー流”マネジメント

 すぐにチームの最適解を見出すことができたのは、ポステコグルー流のマネジメントが大きく影響しているだろう。

 横浜F・マリノス時代から選手と一定の距離を置くことで知られるこのオーストラリア人指揮官は、欧州に渡って以降も自らのスタイルを変えていない。セルティック時代も全員がいる食堂で食事をせずに、自らのオフィスで食べるようにしていたそうだ。

 細かい選手とのコミュニケーションを他のスタッフに任せるこのマネジメント方法は、ドライにも感じられるかもしれないが、これがポステコグルーのやり方なのだ。

 このような方法で選手と接している最大の理由は「実力だけでベストなイレブンを選ぶ」ためである。選手と個人的な関係を築いてしまうと、余計な情が働いてしまう可能性があるため、最適なイレブンを作ることができないリスクを避けるためのものだそうだ。

 選手と直接触れ合うことが少ない一方で、彼らに対して愛情がないわけではない。9月の代表戦後に涙を流し、精神的なサポートが必要だと語ったリシャルリソンに対しては公の場で「リッチーに必要なものが何であれ、自分たちはクラブとして選手たちが助けを求めるのであればそれをサポートする」と発言。必要な場面では自らが前に出て、選手たちを擁護している。

 ポステコグルー流の新たなアプローチは、練習から雰囲気が最悪だったとされるコンテ時代の悪い流れを変えるために有効だった。選手の評価は全てフラットな状態となり、前政権で重要な戦力だったロリスやエリック・ダイアー、ピエール・エミール・ホイビュアらの序列は下がった。かと言って、彼らをセカンドチーム送りにするわけではなく、純粋なポジション争いをさせるために常にトップチームの一員としてトレーニングさせている。

トッテナムで信頼を掴んだポステコグルー采配。英国でも変わらぬ決断力と試練【コラム後編】
プレミアリーグ“採点”ベストイレブン。文句なしの10点満点は?
新ビッグ6はどこだ! プレミアリーグ順位予想1〜6位[/ftp_del]

【了】