最高峰の舞台で戦うサッカー選手は高額な年俸を受け取っているが、必ずしも額面通りの働きをピッチ上で見せているとは限らない。今回はバルセロナの選手で、現在のサラリーに見合わない選手をピックアップして紹介する。(年俸は『capology』、リーグ戦成績は『transfermarkt』を参照)
————————————-

●DF:ジュール・クンデ
年俸:1355万ユーロ(約18億9700万円)
今季リーグ戦成績:11試合1得点1アシスト

 2022年夏にセビージャからやってきたフランス代表のジュール・クンデは、すぐにバルセロナで欠かせない選手の一人になった。しかし、今季はそこまでの存在感がない。

 クンデは守備の複数ポジションをこなせる万能プレーヤーで、昨季は主に右サイドバックを担当。このシーズン、バルセロナはリーグ戦トータルで20失点という安定した守備を武器にラ・リーガを制した。しかし、今季は以前から希望してきたセンターバックで起用されており、パフォーマンスは振るわず。チームも第14節終了時点で14失点している。

 バルセロナは今季、右サイドバックにジョアン・カンセロが加わったほか、クンデと同様に右サイドバックとセンターバックの両方をこなせるロナルド・アラウホがいる。192cmの長身アラウホと、ビルドアップにも長けている180cmのクンデを同時に起用する際も、シャビ監督はクンデをセンターバックで起用している。

 スペインメディア『アス』などによると、クンデは昨季終了後にシャビ監督と話し合い、希望するセンターバックでの起用を約束してもらったという。その上で結果を出していれば問題はないが、右サイドバックとして世界最高峰だったクンデは、センターバックで並の選手となってしまっている印象だ。

無駄遣い…。バルサ、給料が高すぎる5人 全選手紹介
無駄遣い…。バルサ、給料が高すぎる5人(2)
無駄遣い…。バルサ、給料が高すぎる5人(3)

●FW:フェラン・トーレス
年俸:1000万ユーロ(約14億円)
今季リーグ戦成績:13試合3得点1アシスト

 2021/22シーズン途中にマンチェスター・シティからバルセロナに移籍したフェラン・トーレスは、1000万ユーロ(約14億円)という高額年俸に見合うプレーができていない。

 フェラン・トーレスは、21/22シーズン後半戦のラ・リーガで4得点を挙げたが、続く22/23シーズンは1シーズンで4得点と振るわず、今年夏は放出候補とも報じられていた。それでも残留して新たなシーズンを迎えると、第2節カディス戦で終盤に途中出場して1ゴールを記録。第5節までに3得点を挙げて、ウスマン・デンベレが去った右ウイングのレギュラーに名乗りを上げている。

 ようやくサラリーに見合う働きをし始めたかに思われたが、その後はパッとせず。リーグ戦ではなかなか得点に絡めなくなった。

 25日のラージョ・バジェカーノ戦ではリーグ戦で3試合ぶりの先発となったが、存在感はなく、55分で交代。スペインメディア『アス』は、「ひどかった。彼のプレーはあらゆる意味で機能していない」と酷評していた。

●DF:マルコス・アロンソ
年俸:625万ユーロ(約8億7500万円)
今季リーグ戦成績:4試合0得点0アシスト

 2022年夏にチェルシーとの契約を解除してバルセロナにやってきたマルコス・アロンソは、昨季のラ・リーガで24試合に出場した。しかし、今季はここまで4試合の出場で、年俸625万ユーロ(約8億7500万円)の価値は示せていない。

 マルコス・アロンソの出番が少ない理由は、シャビ監督の信頼の不足だろう。昨季からバルセロナの左サイドバックはアレハンドロ・バルデがレギュラー。マルコス・アロンソはその控えという立ち位置のはずだったが、シャビ監督はバルデに休養を与えた第13節アラベス戦で、右サイドバックのジョアン・カンセロを左に回しており、マルコス・アロンソを起用しなかった。

 左サイドバックに加えてセンターバックもこなせるマルコス・アロンソは、選手層に厚みをもたせる選手としてバルセロナのベンチにいるはずだったが、指揮官はバックアッパーとしても不十分と考えている様子だ。

 マルコス・アロンソも、現状には不満があるとされている。スペインメディア『ムンド・デポルティボ』は23日、サウジアラビアの複数クラブが獲得に興味を示していると伝えていた。

●FW:ハフィーニャ
年俸:1250万ユーロ(約17億5000万円)
今季リーグ戦成績:10試合2得点1アシスト

 バルセロナは昨年夏、リーズから5800万ユーロ(約81億2000万円)の移籍金でハフィーニャを獲得した。だが、1250万ユーロ(約17億5000万円)の年俸にふさわしい働きをしているとは言いにくい状況だ。

 ハフィーニャは、2022/23シーズンのラ・リーガで36試合に出場して、7得点7アシストを記録。カップ戦も含めると10得点10アシストと、まずまずの成績を残した。今季のバルセロナは夏にウスマン・デンベレを放出し、ハフィーニャへの期待がさらに高まったが、ここまで10試合に出場して2得点1アシストという数字だ。

 バルセロナの右ウイングは、16歳のラミン・ヤマルが台頭しており、ハフィーニャはベンチで過ごす時間が長くなっている。ただ、驚異のポテンシャルを持つヤマルにしても圧倒的なプレーを見せているわけではないだけに、大金を受け取るハフィーニャにはもっと活躍して欲しいところだろう。

●MF:ペドリ
年俸:938万ユーロ(約13億1320万円)
今季リーグ戦成績:5試合1得点1アシスト

 ペドリは2020年夏にラス・パルマスからバルセロナへ移籍。同年9月に17歳10カ月2日でラ・リーガデビューを飾ると、1年目から主力として活躍し、最終節を除くリーグ戦全試合に出場して、世界に名をとどろかせた。

 この活躍を受けて、バルセロナは2021年10月にペドリとの契約を2026年6月まで延長したが、2年目はハムストリングのケガで2度の長期離脱があり、リーグ戦の出場は12試合に終わっている。3年目の22/23シーズンはシーズン序盤から活躍して完全復活かと思われたが、2月中旬に負傷。2カ月後の4月に復帰したものの、シーズン終盤に再びハムストリングを痛めてしまった。

 今季は開幕から2試合続けて先発し、第2節カディス戦ではゴールも決めて、良いスタートを切った。だが、8月末に再びハムストリングの筋肉を痛めて離脱。11月に入って復帰しているが、ケガの恐怖と隣り合わせのキャリアが続いている。

 11月25日に21歳の誕生日を迎えたばかりのペドリ。ピッチに立てば抜群の力を発揮しており、能力の高さに疑いの余地はないが、稼働率の低さは気になるところだ。

どっちが高額? エル・クラシコ年俸ランキング1〜10位。バルセロナとレアル・マドリードを比較
バルセロナ23/24シーズン予想スタメン全選手紹介&フォーメーション