ヒーローは誰だ!サッカー日本代表、バーレーン戦全選手パフォーマンス査定。MVPに選んだのは…【アジアカップ2023】

サッカー日本代表は現地時間31日、AFCアジアカップカタール2023決勝トーナメント1回戦でバーレーン代表と対戦し、3-1で勝利を収めた。この試合での選手のパフォーマンス、そして監督の采配はどうだったのか。今回はポジション別にA〜Cの3段階で評価する(データは『Sofa Score』を参照)。

【アジア杯順位表・トーナメント表】AFCアジアカップ カタール2023

●FW
上田綺世(背番号9)
バーレーン代表戦:80分 OUT
評価:A

 自らが日本代表のエースストライカーであることを示した試合だった。64分にOGという形で失点に絡んでしまったが、その直後に自ら強引に縦へと仕掛けてダメ押しの3点目を決めてみせた。31分の先制点の場面でも裏に抜け出す動きをみせることで、右SBの毎熊晟矢にミドルシュートを打たせる余裕とスペースを与えており、ハイラインの相手ディフェンスラインに対してのオフザボールも秀逸だった。

浅野拓磨(背番号18)
バーレーン代表戦:80分 IN
評価:出場時間短く採点不可

 左WGの三笘薫とともに足が止まって来たバーレーン代表をカウンターで脅かしたが、シュート、パスともに最後の精度が足りなかった。2度の決定機を決めきれなかったのは痛恨だった。

前田大然(背番号25)
バーレーン代表戦:出場なし
評価:なし

サッカー日本代表、バーレーン戦パフォーマンス査定【MF編】
サッカー日本代表、バーレーン戦パフォーマンス査定【DF編】
サッカー日本代表、バーレーン戦パフォーマンス査定【WG編】

●MF

遠藤航(背番号6)
バーレーン代表戦:フル出場
評価:B

 日本代表の大黒柱として、開幕からフィールドプレイヤーでは唯一のフル出場を果たした。広大な守備スペースを、持ち前のセカンドボールへの反応の良さでカバーして、相手の攻撃を遅らせる役割を担った。前を向いた状況での保持も安定していたが、所属するリバプールでもよくある相手MFを背負った状態でのボールロストが2回あった。失点には繋がらなかったが、致命的なミスだった。

旗手怜央(背番号17)
バーレーン代表戦:36分 OUT
評価:B

 インドネシア代表とのグループリーグ第3節に続いて先発起用されると、遠藤航とのダブルボランチの一角でプレー。攻守に顔を出してリズムを作っていたが、36分にふくらはぎを負傷して無念の交代に。

久保建英(背番号20)
バーレーン代表戦68分 OUT
評価:A

 今大会ではベストなパフォーマンスだろう。トップ下の位置から流れの中から左サイドに移って、前線で攻撃のリズムを作った。49分のゴールシーンは高い位置で、久保自身がボールを奪ってからのショートカウンターが起点。最後は相手のミスも絡んだが、難しい角度から冷静にゴールへと流し込んだ。セットプレーの質も高かった。

守田英正(背番号5)
バーレーン代表戦36分 IN
評価:B

 旗手怜央が負傷交代した影響で急遽36分に途中出場を果たしてから一瞬でゲームの流れを掴んだのは戦術理解力の高さゆえだろう。イラク代表戦のように低い位置でボールに絡むのではなく、左のハーフスペース付近で効果的にボールを触ってリズムを作った。守備でも的確なカバーで左サイドに安定感をもたらした。

南野拓実(背番号8)
バーレーン代表戦68分 IN
評価:B

 途中出場からチームにエネルギーを与えた。周りの選手の体力が厳しくなる中、前線で攻守に走り続けることでチームの強度を落とさせなかった。カウンターの場面で脅威となり、上田綺世の得点シーンでもサボることなくボックス内に飛び込むことで、守備側の注意を分散させてゴールをお膳立てした。

佐野海舟(背番号26)
バーレーン代表戦:出場なし
評価:なし

●WG

堂安律(背番号10)
バーレーン代表戦:80分 OUT
評価:A

 インドネシア代表戦に続いて先発起用に応えた。「良い守備から良い攻撃」という森保ジャパンの真骨頂を体現しており、先制点を決めた場面でも足が止まった相手DFとは対照的に素早くボールに反応したことが功を奏した。相手の左サイドがほぼ機能しなかったのは堂安と右SB毎熊晟矢の守備があってこそ。先制点を決めた時間帯も良く、文句なしのMVPだろう。

中村敬斗(背番号13)
バーレーン代表戦:68分 OUT
評価:C

 バーレーン代表の守備に2人掛かりで見られるケースが多く、なかなか得意な形に持ち込めなかった。62分にゴールネットを揺らしたシーンでは、上田綺世がオフサイドの判定でゴール取り消しとなったが、シュートセンスの高さを見せつけた。しかし、それ以外で目立った場面はなかった。

三笘薫(背番号7)
バーレーン代表戦:68分 IN
評価:A

 約6週間ぶりの復帰戦で、途中出場から切れ味鋭いドリブルを連発。それまで攻撃が停滞していた左サイドを1人で打開し、足が止まって来たバーレーン代表の守備陣を翻弄し続けた。1人で60m弱をドリブルで運び、浅野拓磨にラストパスを出した85分のプレーではレベルの違いを見せつけた。

伊東純也(背番号14)
バーレーン代表戦:出場なし
評価:なし

●DF

冨安健洋(背番号22)
バーレーン代表戦:フル出場
評価:A

 インドネシア代表戦に続いて、細かいラインコントロールで守備陣を完璧に統率した。バーレーン代表FWユスフの裏への抜け出しには3度のオフサイドを誘って消し、相手陣内からのロングボールには跳ね返すだけでなく、味方に繋げてマイボールにした。1対1の場面でも相手FWをシャットアウト。ロングフィードの精度はイマイチだったが、最終ラインからの組み立ての部分では重要な役割を担った。

板倉滉(背番号4)
バーレーン代表戦:フル出場
評価:B

 今大会では初の冨安健洋とのスタメン起用で堅守を披露。相方とともに相手の攻撃をオフサイドで止めるのと、下がりながら対応するのを上手く使い分けて、流れの中からほとんどバーレーン代表にチャンスを作らせなかった。冨安とのコンビでイラク代表では物足りなかった安定感が戻った。

毎熊晟矢(背番号16)
バーレーン代表戦:フル出場
評価:A

 右SBながら2ゴールに絡む圧巻のパフォーマンスを披露した。保持時に久保建英が左サイドに流れてチーム全体の重心が左サイドに傾いた際にはボランチの位置まで絞り、リンクマンとして機能。この絶妙なポジショニングが功を奏したのが、先制点に繋がるミドルシュートのシーンだ。バイタルエリアから元FWらしい強烈な一撃を放った。守備でも安定感があり、警告を受けたが堂安律との関係で相手の左サイドを封じた。

中山雄太(背番号19)
バーレーン代表戦:フル出場
評価:B

 グループリーグ第3節インドネシア代表戦よりも安定したパフォーマンスを披露した。左WGの中村敬斗が相手のマークに苦しんだことで効果的な攻撃参加はあまり見られなかったが、守備の部分では高い貢献度をみせた。地上戦、空中戦ともに安定しており、デュエル勝利数(9)とデュエル勝率(69%)はどちらもチームトップだった。

町田浩樹(背番号15)
バーレーン代表戦:80分 IN
評価:出場時間短く採点不可

 80分に堂安律と代わってピッチに入ると、同時に5バックへとシステム変更。守備固めの役割を与えられた。短い出場時間で特にミスはなく、シュートブロックで相手の攻撃を防いだ場面もあった。

菅原由勢(背番号2)
谷口彰悟(背番号3)
伊藤洋輝(背番号21)
バーレーン代表戦:出場なし
評価:なし

●GK

鈴木彩艶(背番号23)
バーレーン代表戦:フル出場
評価:C

 今大会を通じてハイボール処理に安定感がない。失点直前のシーンでのハイボール処理は、相手からのプレッシャーもなかったためキャッチで処理できたようにも見えた。しかし、セーフティーにパンチングで弾こうとすると、これがミートせず中途半端なクリアになってしまった。流れの中でのセーブや配球の安定感は試合を追うごとに増している中で勿体ないプレーだった。

前川黛也(背番号1)
バーレーン代表戦:出場なし
評価:なし

●監督
森保一監督
評価:A

 グループリーグ3試合で得た成果と反省を活かしたプランで挑み、今大会で最も内容が良い試合を演じた。交代策も上手く機能し、相手の中盤が間延びしたタイミングでの三笘薫と南野拓実の投入は効果的だった。最後は町田浩樹を投入して5バックを試し、勝ちきることが必須の準々決勝以降の戦いを見据えたオプションも見られたのもポジティブな点だろう。

英国人が見たバーレーン戦「驚いた!」「鈴木彩艶はまた…」「浅野拓磨は少し…」
サッカー日本代表、MVPは誰? 不安定で最低評価となったのは?【バーレーン戦どこよりも速い採点】
日本代表、次戦のTV放送・配信予定・キックオフ時間は?