2023/24シーズンも後半戦に差し掛かり、欧州サッカーは一段と盛り上がりをみせている。そんなサッカー界で、優れたプレイヤーの指標の1つとも言えるのが市場価値であり、その額は年齢や活躍によって算出される。ここでは、サッカー選手の市場価値をランキング形式で紹介する。(成績、市場価値は『transfermarkt』を参照。データは2024年2月15日現在)
———————————–

20位:フリアン・アルバレス(マンチェスター・シティ/アルゼンチン代表)
生年月日:2000年1月31日
市場価値:9000万ユーロ(約126億円)
2023/24リーグ戦成績:23試合8得点7アシスト

 20位には、史上初めて同じシーズンにワールドカップとUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、プレミアリーグ、FAカップのタイトルを獲得したフリアン・アルバレスがランクインした。

 母国アルゼンチンのリーベル・プレートで台頭したアルバレスは2021シーズンに国内リーグで得点王に輝く活躍を披露。これが評価されてマンチェスター・シティに引き抜かれると、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドという絶対的なストライカーがいながらゴールを重ね、序列を上げた今季はすでに昨季を上回る出場時間数を記録している。

 アルバレスは両足と頭で強いシュートを放つことができる上に、本職のストライカー以外にもウイングやセカンドストライカーとしてもプレーできる。またキック精度が高く、ケビン・デ・ブライネの欠場時にはセットプレーのキッカーも務めていた。マルチに活躍できることから市場価値は上昇を続けており、現在はマンチェスター・シティ加入当時と比較をすると4倍以上アップの9000万ユーロ(約126億円)を叩き出している。まだ24歳と将来性も抜群で、近いうちに大台の1億ユーロ(約140億円)を超えても不思議ではない。

世界最高額は誰だ! サッカー選手市場価値ランキング1〜10位 全選手紹介
世界最高額は誰だ! サッカー選手市場価値ランキング11〜20位 全選手紹介
世界最高額は誰だ! サッカー選手市場価値ランキング1位

19位:エドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリード/フランス代表)

生年月日:2002年11月10日
市場価値:9000万ユーロ(約126億円)
2023/24リーグ戦成績:18試合0得点1アシスト

 19位には、中盤にスター選手が揃うレアル・マドリードで不動のスタメンの座を掴んでいるエドゥアルド・カマヴィンガがランクインした。

 2019/20シーズンに当時16歳で彗星の如く現れたフランスの逸材は、すぐにスタッド・レンヌの中心選手に定着した。2021年夏に移籍したレアル・マドリードでは加入当時こそサブでの起用が多かったが、昨季から出場時間が急増。今季に関しては怪我で離脱をしていた期間を除くほとんどの試合でスタメン起用されている。

 スピードとリーチの長さに定評があるカマヴィンガは、対人守備で真価を発揮する。細身ではあるが、相手の懐に入るのが上手く、長い足を駆使してボールを刈り取る。またドリブルでの推進力やパスの上手さ、豊富な運動量も相まって、昨季は左SBとして多くの試合に出場していた。そんな同選手の市場価値は上昇を続けており、昨年10月には自己最高額の9000万ユーロ(約126億円)に到達。21歳ながら“常勝軍団”の中心選手に定着しており、その価値は今後さらに高まることだろう。

18位:ガビ(バルセロナ/スペイン代表)
生年月日:2004年8月5日
市場価値:9000万ユーロ(約126億円)
2023/24リーグ戦成績:12試合1得点1アシスト

 18位には、デビューからあっという間にワールドスターとなったガビがランクインした。その市場価値は9000万ユーロ(約126億円)と、大台の1億ユーロ(約140億円)に限りなく近づいている。

 2021/22シーズンに当時17歳でバルセロナのトップチームデビューを飾った同選手は、あっという間にスタメンの座を射止めた。それはスペイン代表でも同じで、プロデビューから間もない2021年10月にA代表で初出場を飾ると、現在まで27試合連続で出場している。18歳で迎えたカタールワールドカップにも全4試合でスタメン出場を飾った。

 彗星の如く現れたスペインの新星は、バルセロナ出身の選手らしい高い技術はもちろんのこと、ハードワークできる守備強度の高さを持ち合わせている。闘争心を前面に押し出したプレーで相手に強烈なプレッシャーを掛けてボールを奪い切る。そこからの技術も兼ね備えているため、ショートカウンターの起点となることが多い。残念ながら今季は右膝前十字靱帯断裂の大怪我の影響で残りのシーズンの欠場が決定的だが、彼がいなくなったことでバルセロナは苦戦を強いられており、不在の中でも評価が高まっている。

17位:ペドリ(バルセロナ/スペイン代表)
生年月日:2002年11月25日
市場価値:9000万ユーロ(約126億円)
2023/24リーグ戦成績:13試合2得点2アシスト

 17位には、カナリア諸島が生んだ天才MFペドリがランクインした。

 カナリア諸島に本拠地を構えるラス・パルマス出身の同選手は、2019年夏にバルセロナへ完全移籍(2019/20シーズンはラス・パルマスへローン移籍という形で残留)を果たした。翌シーズンから正式にバルセロナの一員となると、1年目からラ・リーガで37試合に出場し、シーズン後に行われたユーロ2020(欧州選手権)と東京オリンピックでフル稼働。このシーズンに負荷をかけ過ぎた影響もあって現在は怪我がちになってしまったが、あまりに鮮烈な1年間だった。

 ペドリはオフザボールもオンザボールのどちらの質も超一流で、中盤で動きながらスペースを見つけて、そこから司令塔として周りの選手を活かすプレーで攻撃を活性化させる。引いた相手に対しても有効な動きをすることができる貴重な選手だ。

 先述した通り近年は怪我が多く、市場価値も2022年11月に叩き出した1億ユーロ(約140億円)から9000万ユーロ(約126億円)にまで下がっている。再び世界を驚かせるパフォーマンスをみせて自己最高額を更新することができるだろうか。

16位:モイセス・カイセド(チェルシー/エクアドル代表)
生年月日:2001年11月2日
市場価値:9000万ユーロ(約126億円)
2023/24リーグ戦成績:21試合0得点1アシスト

 16位には、昨夏にチェルシーが1億1600万ユーロ(約162億円)の移籍金で獲得したエクアドル代表MFモイセス・カイセドがランクインした。

 2021年夏にインデペンディエンテからブライトンに移籍したカイセドは、半年間のローン移籍を経て2021/22シーズン後半から主力に定着。2022年夏には当時の中盤のキーマンであるイヴ・ビスマがチームを去ったが、その穴を感じさせないパフォーマンスを披露して、ブライトン史上初の欧州カップ戦出場権獲得に大きく貢献していた。

 チェルシー加入後も不動のレギュラーとしてプレーしているこのエクアドル代表MFは、中盤でフィルターとしても司令塔としてもプレーできる万能な選手だ。広い守備範囲とリーチの長さはプレミアリーグでもトップクラスで、数的不利な状況でもボールホルダーにプレッシャーを掛けてマイボールにしてしまう。22歳の選手とは思えない完成度を誇るカイセドの市場価値は急上昇を続けており、現在は9000万ユーロ(約126億円)を記録。年齢的なことを踏まえると、さらに価値が高まることだろう。

15位:フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード/ウルグアイ代表)
生年月日:1998年7月22日
市場価値:1億ユーロ(約140億円)
2023/24リーグ戦成績:24試合1得点3アシスト

 15位には、レアル・マドリードの中盤で最重要人物と言ってもよいウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデがランクインした。

 2016年夏に母国の名門ペニャロールからレアル・マドリードに引き抜かれたバルベルデは、2018/19シーズンから徐々に出場機会を増やした。ただ、当時はルカ・モドリッチ、トニ・クロース、カゼミーロの中盤が健在だったため、彼らのサブや右SBでの出場などユーティリティープレイヤーとしての起用が多かった。

 そんな彼の立場が大きく変わったのが昨季だ。ラ・リーガNo.1と言っても過言ではないパワフルな走力で、中盤にエネルギーを与え、パンチ力のあるシュートで相手ゴールを脅かすように。あっという間にチーム内での序列を上げると、今季はほぼ全試合でスタメン出場している。レアル・マドリードでこれだけ重要な選手となれば価値を上げるのは必然的で、現在は自己最高額の1億ユーロ(約140億円)を叩き出している。

14位:ロドリゴ(レアル・マドリード/ブラジル代表)
生年月日:2001年1月9日
市場価値:1億ユーロ(約140億円)
2023/24リーグ戦成績:24試合8得点4アシスト

 14位には、今季からレアル・マドリードで背番号11を着用しているロドリゴがランクインした。

 19年夏にサントスからレアル・マドリードに加入した同選手は、1年目から多くのスター選手が揃う前線で出場機会を得ていた。順調に選手として成長を重ねると、昨季からは絶対的な選手へと定着。ゴール、アシストともにキャリアハイを更新した。今季はカリム・ベンゼマの退団に伴い、ヴィニシウス・ジュニオールとの2トップで起用されることが増えている。

 ゴールにより近い位置でのプレーが増えたこともあり、ラ・リーガでは初の2桁ゴール達成が間近に迫っている。彼は正確にボールを収める能力やシュート、パスなどの技術面に加えてオフザボールの質も高く、周りの選手を活かすのも上手い。シーズンを重ねるに連れて数字も残るようになってきたこともあって、昨年6月に市場価値は自己最高額の1億ユーロ(約140億円)に到達。このブラジル代表FWにはまだまだ伸びしろがあり、さらに価値が高まることだろう。

13位:フロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン/ドイツ代表)
生年月日:2003年5月3日
市場価値:1億ユーロ(約140億円)
2023/24リーグ戦成績:21試合5得点8アシスト

 13位には、今季のレバークーゼンの躍進の象徴であるフロリアン・ヴィルツがランクインした。

 2019/20シーズンにレバークーゼンでトップチームデビューを飾った同選手は、17歳と34日というクラブ最年少得点記録を樹立。20年夏にチェルシーへ移籍したカイ・ハフェルツの穴を見事に埋めてみせ、膝の前十字靭帯断裂の大怪我をしていた期間を除き、常にチームの中心としてプレーしていた。

 このクラブ生え抜きの逸材は、狭いエリアでもボールを失うことなくタメを作れる。ただボールをキープするだけでなく、ドリブルで局面を打開できる選手であり、数字以上の高い貢献度でシャビ・アロンソ監督率いるレバークーゼンの攻撃を司っている。チームの好調も相まって市場価値の高騰が続いており、今季だけで1500万ユーロ(約21億円)アップ。現在は自己最高額の1億ユーロ(約140億円)に到達しており、この活躍をシーズン終盤まで維持することができればさらなる上昇が見込まれている。

12位:ハリー・ケイン(バイエルン・ミュンヘン/イングランド代表)
生年月日:1993年7月28日
市場価値:1億1000万ユーロ(約154億円)
2023/24リーグ戦成績:21試合24得点5アシスト

 12位には、今季からバイエルン・ミュンヘンへと活躍の場を移したハリー・ケインがランクインした。

 トッテナムの下部組織出身の同選手は、2014/15シーズンから絶対的なエースに定着すると、そこからプレミアリーグにて、9シーズン連続で2桁ゴールを達成。リーグ得点王3回、アシスト王1回と世界最高峰のリーグで結果を残した。同じくしてイングランド代表でもゴールを量産しており、通算62ゴールはそれまでウェイン・ルーニーが保持していた最多記録を上回る歴代1位の記録だ。

 ケインはFWに必要な全ての能力をハイレベルに兼ね備えている。相手に競り勝てるフィジカルを持ちながらポジショニングも上手い。キックもヘディングの精度も高く、ボックス内外関係なくどこからでもゴールを狙える選手は稀有な存在だ。

 その市場価値の変遷を振り返ると、18年5月に自己最高額となる1億5000万ユーロ(約210億円)に到達。その後は9000万ユーロ(約126億円)まで価値を下げていたが、今季のバイエルン・ミュンヘンでの大活躍で再び上昇。30歳にして再び価値が高騰しており、現在は1億1000万ユーロ(約154億円)を記録している。市場価値ランキングのトップ50では彼が唯一の30代の選手であり、この年齢で再上昇していることは驚異的だ。

11位:ロドリ(マンチェスター・シティ/スペイン代表)
生年月日:1996年6月22日
市場価値:1億1000万ユーロ(約154億円)
2023/24リーグ戦成績:20試合5得点4アシスト

 11位には、昨季の欧州王者マンチェスター・シティの最重要選手と言っても過言ではないロドリがランクインした。今季このMFが欠場したプレミアリーグでの3試合は全て敗戦しており、そのことからも重要性は明らかだ。

 アトレティコ・マドリードのカンテラ(下部組織)から17歳でビジャレアルへ移籍したロドリは、2017/18シーズンに主力に定着した。すると、2018年夏に古巣に引き抜かれる形でアトレティコ・マドリードへ復帰を果たすと、続く2019年夏にはジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティへ完全移籍。あっという間にステップアップを果たし、昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではMVPを獲得するほどの活躍をみせた。

 世界最高のアンカーという評価を受けるロドリは、非常に高い危機察知能力の持ち主で、先回りして相手のカウンターの芽を摘む守備が得意だ。身長190cm、体重82kgと恵まれたフィジカルの持ち主でありながら、足下の技術はスペイン人らしく柔らかく、相手のプレスを回避する上手さは年々向上している。引いてくる相手に対しては強烈なミドルシュートを放って拮抗した試合展開を動かすことも多く、その存在感は抜群だ。

 これだけの活躍を続ければ市場価値が上昇するのも必然的で、昨年12月に自己最高額を更新。1億1000万ユーロ(約154億円)というトップ10入り直前まで自らの価値を高めている。

【了】