●「プロの選手として上を目指すなら重要な時間」

 今週末、明治安田Jリーグの2024シーズンが開幕する。各クラブは1月に始動し、キャンプや練習試合を通じて開幕に向けて調整していくが、選手はオフの時期から動き出している。今回は、FC町田ゼルビアに所属する鈴木準弥らが開催した2泊3日のトレーニングキャンプの様子に迫る。(取材:Footballcoach、構成:編集部)
——————————————————-

 通常、Jリーグの各クラブは1月に始動し、2月下旬の開幕に向けて調整していく。J1に昇格したFC町田ゼルビアを例にすると、1月14日に町田で始動し、19日〜24日は沖縄県名護市、25日〜2月1日は同県うるま市、2日〜10日は宮崎県東諸県郡綾町でそれぞれキャンプを張る。始動から開幕までは約40日間の準備期間が設けられている。

 ただ、選手たちは新シーズンに向けて、オフシーズンからすでに動き出している。前のシーズンの最終節から始動日まではオフシーズンとなるが、選手はずっと休んでいるわけではない。

 町田に所属する鈴木準弥は、大学時代から親交のある河岸貴氏らとともにトレーニングキャンプを開催した。鈴木の地元でもある静岡県沼津市で行われた2泊3日のこのキャンプには13人の現役選手が参加し、トレーニングだけではなく、栄養士や弁護士といった専門家による座学(講義)も行われている。早稲田大学を卒業し、ドイツでもプレー経験のある鈴木は「プロの選手として上を目指すなら重要な時間」と話し、充実した様子を見せた。

 河岸氏はVfBシュトゥットガルトで通訳や指導者、スカウトなどを歴任し、現在はエージェントとして現役選手をサポートしている。ブンデスリーガの名門で日本代表だった酒井高徳や岡崎慎司、まだ10代だったアントニオ・リュディガーやティモ・ヴェルナーらを間近で見てきた河岸氏は「ピッチ外の準備があって初めて、ピッチ内で最大限のパフォーマンスが出せる」と話す。今回のトレーニングキャンプの目的についてもこう話していた。

●「来たら変わる」3日間のキャンプで行われたメニューとは…

「来たら変わると思う。選手たちで集まるのももちろんいいけど、やっぱりどこかで甘えが出てしまう。本当に良くなりたいなら、こういうところでもう1度自分を奮い立たせてやるのは大事」

 3日間に渡るキャンプの1日目は身体づくりを学ぶ時間に充てられた。一般社団法人国際食学協会理事を務める地曳直子氏を招いて行われた講義のテーマは、『サッカー選手に必要な資質の正しい知識』。その後には、柔道整復師でトレーナーの染谷学氏が『怪我のリスクを格段に減らせる正しい身体操作』についての講義を行った。

 2日目に行われた初のトレーニングでは、矢野玲フィジカルコーチも加わり、河岸氏の指導の下、『BoS理論』を軸にしたトレーニングも行われた。さらに、午後はハノーファー06で通訳を務めた上藤響氏が『言語の重要性』について講義を行い、矢野コーチ、河岸氏の下で強度の高いトレーニングを実施した。2日目を締めくくる講義では、FIFA Football Agent ライセンスを保持する羽柴弁護士を招き、『サッカー選手をめぐる法律問題』について選手たちは学んでいる。

 最終日となる3日目には、トレーニングマッチも行われた。所属クラブも異なり、このキャンプで初めてともにプレーする組合せも多い中で、20分×3本のトレーニングマッチを実施した。

 河岸氏は「来年以降もこの場所でやりたい」、鈴木も「すごく充実しているし、楽しい」と話していた。

(取材:Footballcoach、構成:編集部)

【前編】「甘い考えだった」ドイツとFC東京で苦しんだ鈴木準弥の気づきとは? FC町田ゼルビアで再びJ1の舞台へ

【プロフィール】鈴木準弥
1996年1月7日生まれ、静岡県沼津市出身。アスルクラロ沼津U-12、ACNジュビロ沼津、清水エスパルスユースを経て、早稲田大学では全日本大学選抜に選ばれるなど活躍する。卒業後はドイツに渡り、ブンデスリーガ3部所属のVfRアーレンでプレー。帰国後の2019シーズンは藤枝MYFC、翌シーズンはブラウブリッツ秋田、21シーズン途中にFC東京へ移籍。23シーズン途中からはFC町田ゼルビアでプレーする。Jリーグ通算112試合出場7得点14アシスト。

【プロフィール】河岸貴
1976年7月25日生まれ、石川県出身。金沢大学卒業、同大学大学院修了。ドイツ・シュトゥットガルト在住。06年から指導者修行のためブンデスリーガの名門シュトゥットガルトの育成組織で研鑽を積み、09年から正式な指導者となり、11年1月から13年8月までトップチームに在籍。その後、スカウトと日本プロジェクトのコーディネーターを歴任し、サッカーコンサルティング会社「KIOT CONNECTIONS GbR」を設立。J SPORTSでブンデスリーガ解説、講義・講演活動、指導者講習会などを開催。21年から23年まで『フットボール批評』で「現代サッカーの教科書」を連載し、23年11月に著書「サッカー『BoS理論』 ボールを中心に考え、ゴールを奪う方法」を上梓。ドイツサッカー協会B級指導者ライセンス、日本サッカー協会A級指導者ライセンスを保持。