明治安田J1リーグの2024シーズンは2月23日に開幕を迎える。昨季、J2を2位でフィニッシュし1年でのJ1復帰を果たしたジュビロ磐田は、今冬に期限付き移籍からの復帰も含めて16人の新戦力を迎えた。フットボールチャンネルでは、彼らの中から新天地での活躍が期待される選手を紹介する。
—————————————————

●FW:マテウス・ペイショット(背番号99)

生年月日:1995年11月16日(28歳)
前所属:アトレチコ・ゴイアニエンセ
2023リーグ戦成績:30試合6得点4アシスト(ブラジル1部、2部合計)

 ブラジル人FWマテウス・ペイショットがジュビロ磐田に加わった。昨シーズン磐田はJ2で3位となる計74ゴールをあげた一方で、2桁得点を記録した選手はおらず、J1を戦うにあたってゴールを量産できるFWの補強が求められていた。

 ペイショットはブラジルの複数クラブを渡り歩き、2021年7月にウクライナのFCメタリスト・ハルキウ(当時国内2部)に移籍した。加入後はリーグ戦16試合に出場し14ゴールをあげてリーグ得点王に輝いている。ペイショットはシュートテクニックもさることながら、身長190cmのフィジカルを活かしたポストプレーや高い打点の強烈なヘディングも武器としている。

 また、昨シーズンのチーム内得点王であるFWジャーメイン良は快速を武器にしている選手であり、ペイショットとはタイプが異なる。ターゲットマンにもなりえるペイショットは、試合途中にゲームの流れを変えるうえで大きな役割を担うことができるだろう。

期待しかない! ジュビロ磐田注目の新戦力5人 全選手紹介
期待しかない! ジュビロ磐田注目の新戦力5人(1)
期待しかない! ジュビロ磐田注目の新戦力5人(3)