明治安田J1リーグの2024シーズンは2月23日に開幕を迎える。昨季勝ち点52の6位でフィニッシュした名古屋グランパスは、今冬にこれまでの陣容を刷新する大型補強を敢行した。今回は、彼らの中から新天地での活躍が期待される選手を紹介する。※スタッツは『Transfermarkt』とデータサイト『Sofa Score』を参照
—————————————————

●FW:山岸祐也(背番号11)

生年月日:1993年8月29日(30歳)
前所属クラブ:アビスパ福岡
2023リーグ戦成績:34試合10ゴール4アシスト

 天皇杯優勝の肩書をつけて、Jリーグ屈指の実力派FWが名古屋グランパスに来た。

 2022シーズンから名古屋を率いる長谷川健太監督は、クラブ公式YouTubeでも配信された就任会見で「シーズン50得点」を目標に掲げていたが2季連続で達成されていない。昨季は、前半戦こそ好調を維持していたものの、マテウス・カストロ退団後は得点力不足に苦しみアウェイゲームで勝ち点を落とし続けた。長く名古屋に付きまとう得点力不足から脱却するために白羽の矢が立ったのが、昨季までアビスパ福岡に所属していたFW山岸祐也だ。

 現在30歳の山岸は、2022シーズン、そして昨季と2季連続でリーグ戦10ゴールをマークしており、まさに名古屋が欲しかった得点力不足解消の特効薬。万能型ストライカータイプの同選手は、左右両足、そして頭を使ってどんなシチュエーションからでもゴールネットを揺らすことができる。これは昨季奪った10ゴールの内訳が右足5、左足2、ヘディング3であることからも分かるだろう。

 また単独でゴールを奪うだけでなく、体を張ったポストプレーにも定評があり、自身の位置でボールをキープして味方選手が前線に上がってくる時間を作ることも得意。そのため、チーム全体の攻撃の活性化に期待できるだろう。今季は元デンマーク代表FWキャスパー・ユンカーとの共演も楽しみだ。

期待しかない!名古屋グランパス注目の新戦力5人 全選手紹介
期待しかない!名古屋グランパス注目の新戦力5人(2)
期待しかない!名古屋グランパス注目の新戦力5人(3)