明治安田Jリーグの2024シーズンが2月23日に開幕する。J1リーグで最も高い市場価値を持つのはどのクラブなのか。今回はデータサイト『transfermarkt』が算出した最新版のJ1リーグクラブ市場価値を紹介する。※市場価値は2月19日時点。
———————————–

●5位:横浜F・マリノス

監督:ハリー・キューウェル
2023リーグ戦成績:2位(19勝7分8敗)
総市場価値:1693万ユーロ(約23億7020万円)
最高額選手:アンデルソン・ロペス

 ケヴィン・マスカット監督に別れを告げて、ハリー・キューウェル監督を迎えた横浜F・マリノスの総市場価値は、J1で5位の1693万ユーロ(約23億7020万円)だ。

 攻撃的なスタイルが持ち味の横浜FMは、高額市場価値の選手もアタッカーに多い。昨季のJ1得点王であるアンデルソン・ロペスがチームで最も高い160万ユーロ(約2億2400万円)で、エウベルが130万ユーロ(約1億8200万円)で続いている。25歳のヤン・マテウスは昨季のJ1で6得点11アシストを記録しており、市場価値を75万ユーロ(1億500万円)まで上昇させた。

 西村拓真の移籍で100万ユーロ(約1億4000万円)超えの選手が1人減ったものの、キャプテンを務める喜田拓也が120万ユーロ(約1億6800万円)、昨季途中に加入したナム・テヒが90万ユーロ(約1億2600万円)で、中盤にも優秀な選手がそろっている。

 主な新戦力では、3年ぶりの復帰となる天野純が70万ユーロ(約9800万円)、ポープ・ウィリアムが45万ユーロ(約6300万円)で、総市場価値を劇的に上げるようなビッグネームは加わっていない。昨年の同時期の総市場価値は1823万ユーロ(約25億5220万円)で、昨季よりやや下がっている。

J1リーグ最高額はどこだ! クラブ市場価値ランキング1〜10位 全チーム紹介
J1リーグ最高額はどこだ! クラブ市場価値ランキング1位
J1リーグ最高額はどこだ! クラブ市場価値ランキング2位