●10位:チアゴ・マルチンス(ブラジル)
 明治安田Jリーグの2024シーズンが開幕した。今季も予想外の選手が大ブレイクを果たし、私たちに驚きと興奮をもたらしてくれるだろう。多額の移籍金を残して海外クラブへステップアップする逸材が現れるかもしれない。そこで今回はJリーグから海外へ移籍を果たした選手の中で、その移籍金が高額だった選手をランキング形式で紹介する。※移籍に関する情報やスタッツは『Transfermarkt』を参照。順位が並んだ場合は同サイトの表示順位に準拠。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
生年月日:1995年3月17日
移籍:横浜F・マリノス→ニューヨーク・シティFC(アメリカ)
移籍日:2022年2月7日
移籍金:364万ユーロ(約5億960万円)

 10位には横浜F・マリノスでプレーしたDFチアゴ・マルチンスがランクインした。

 パルメイラス(ブラジル)の下部組織で育ったチアゴは、2018年夏に期限付き移籍で横浜FMへ加入した。スピードと出足の鋭いタックルが魅力的な同選手は、ハイラインを敷くアンジェ・ポステコグルー監督(当時)率いる横浜FMに欠かせない存在としてレギュラーに定着している。

 翌2019シーズンはリーグ戦33試合に出場し、畠中槙之輔とともにトリコロールのゴールを死守。出場した33試合のうち10試合をクリーンシートで終えている。チームはJ1優勝を成し遂げ、同選手はベストイレブンに選出された。文字通りゴールを守るガーディアン(門番)となった同選手は、2020年に横浜FMへ完全移籍。期限付き移籍期間を含めて、最終的に同クラブに4シーズンに渡って在籍し、公式戦118試合に出場した。

 2022年の冬、同選手は活躍の場をアメリカに移すことを決断。移籍先に選んだクラブはニューヨーク・シティだ。横浜FMと同じくシティ・フットボールグループを構成する同クラブへの移籍金は、364万ユーロ(約5億960万円)とされている。

 ちなみに現在28歳のチアゴは同クラブで昨季からキャプテンに就任している。先日開幕したリーグ戦でもキャプテンマークを巻いて安定したパフォーマンスを披露していた。昨季イースタン・カンファレンスで11位に終わったチームを立て直すことはできるだろうか。

【2024年】J1リーグ戦力総合評価ランキング1〜10位。優勝候補はどこだ? 全20クラブを格付け!
【一覧】Jリーグ移籍情報2024 新加入・昇格・退団・期限付き移籍・現役引退
Jリーグ“最強”クラブは? パワーランキング。人気や育成、成績など各指標からJ1〜J3全60クラブを順位化

●9位:アドリアーノ(ブラジル)

生年月日:1982年1月21日
移籍:ガンバ大阪→アル・ジャイシュ(現・アル・ドゥハイル/カタール)
移籍日:1982年1月21日
移籍金:430万ユーロ(約6億200万円)</h3>

 ブラジル、スペイン、日本、カタールと多くの国を渡り歩いたFWアドリアーノ(アドリアーノ・フェヘイラ・マルティンス)は、Jリーグでもしっかりと爪痕と移籍金を残している。

 1つ目の爪痕は、助っ人外国人選手として十分な活躍を残したインパクトのことだ。スピードを活かしたドリブルが持ち味のアドリアーノは、2011年にインテルナシオナル(ブラジル)からガンバ大阪へ完全移籍で加入。背番号9を身につけ、公式戦15試合に出場した。所属期間が短かったことで出場試合こそ少ないが、その状況で12ゴール2アシストはハイパフォーマンスだと言えるだろう。

 そして2つ目に残した爪痕が、彼が熾烈なライバル関係にあるセレッソ大阪とG大阪の両クラブでプレーしたことである。前述した2011年のG大阪への完全移籍の前には、インテルナシオナルからの期限付き移籍によりC大阪でプレーした。C大阪では公式戦31試合19ゴール2アシストという記録を残している。興味深いのが、アドリアーノのC大阪、G大阪での移籍後初ゴールが、どちらも両クラブが対戦する”大阪ダービー”で決まっていること。それぞれの移籍後初ゴールで、印象深いバク転ゴールセレブレーションを見せている。

 そんな抜群のインパクトを大阪に残したアドリアーノは、2011シーズン途中にカタールのアル・ジャイシュ(現在のアル・ドゥハイル)へ移籍した。その移籍金は430万ユーロ(約6億200万円)とされている。これはJリーグから海外クラブへ移籍した選手の中では歴代9位となる数字だ。

●8位:ラファエル・シルバ(ブラジル)

生年月日:1992年4月4日
移籍:浦和レッズ→武漢卓爾(中国)
移籍日:2018年1月18日
移籍金:500万ユーロ(約7億円)

 浦和レッズで過ごしたのは1シーズンという短い期間ではあったが、ラファエル・シルバが同クラブに残した功績は大きい。

 シルバがJリーグの舞台に足を踏み入れたのは2014年のことだ。夏の移籍市場でスイス2部(当時)のルガーノからアルビレックス新潟へ完全移籍を果たした。新潟では3シーズンに渡ってプレーし、2016シーズン終了後のオフの期間中に浦和レッズへの完全移籍が発表された。新潟時代に引き続き、浦和でも最高のパスレシーバーとして、そしてフィニッシャーとして大活躍。絶妙なファーストタッチで対峙する相手DFを置き去りにしてシュートまで持ち運ぶプレーが印象的だ。

 そんなシルバの十八番のプレーが存分に発揮されたのが、2017年に行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝戦2ndレグのアル・ヒラル戦だ。1stレグでも自らドリブルで打開してゴールを奪った同選手は、2ndレグで浦和の優勝を決定づける1ゴール。味方選手からのパスを引き出し、ターンして相手選手と入れ替わると強烈なシュートをゴールネットに突き刺した。唯一無二のファーストタッチが、浦和をアジア王者へと導いている。

 2018年1月、シルバはACL優勝を置き土産して浦和から武漢卓爾(中国)へ移籍することを決断した。その移籍金は500万ユーロ(約7億円)とされており、これはJリーグから海外クラブへの移籍の中で歴代8位の金額だ。ちなみにその武漢卓爾は2023年に経営難により解散し、現在は消滅している。

●7位:古橋亨梧(日本代表)

生年月日:1995年1月20日
移籍:ヴィッセル神戸→セルティック(スコットランド)
移籍日:2021年7月19日
移籍金:540万ユーロ(約7.14億円)

 Jリーグから世界に羽ばたいた日本人選手の中で、歴代最高額の移籍金を記録したのがFW古橋亨梧だ。

 現在29歳の日本代表FWはFC岐阜で大ブレイクすると、2018年の夏にヴィッセル神戸へ個人昇格を果たす。世界屈指のMFアンドレス・イニエスタから最高のパスが供給され、FC岐阜時代に続いて神戸でも得点を量産。同クラブでは最終的に公式戦通算111試合に出場して、49ゴール18アシストを記録している。

 Jリーグ屈指の点取り屋となった古橋を海外クラブが放っておくはずがないだろう。Jリーグに馴染みがあり、当時セルティックを率いていたアンジェ・ポステコグルーが古橋に目をつけ、2021年の夏、そのスコットランドの強豪へステップアップを果たした。その移籍金は、前述した通りJリーグから海外への移籍では日本人選手最高額となる540万ユーロ(約7.14億円)とされている。

 そこから彼が歩んだキャリアはご存じの人が多いはず。活躍する舞台を移しても、古橋が持つ抜群の決定力は維持されたどころかどんどん成長し、昨季はリーグ戦27得点を挙げてスコティッシュ・プレミアシップ得点王に輝いている。

 セルティック3年目の今季は、負傷離脱の影響もあってリーグ戦は9ゴールに留まっている。チームは第27節終了時点で最大のライバルであるレンジャーズに首位を譲っており、リーグ3連覇を果たすためには古橋の活躍が必須。後半戦の爆発に期待したい。

●6位:ダヴィ(ブラジル)

生年月日:1984年3月10日
移籍:名古屋グランパス→ウム・サラル(カタール)
移籍日:2009年7月1日
移籍金:570万ユーロ(約7.98億円)

 ブラジル人FWダヴィは、北海道コンサドーレ札幌や名古屋グランパス、鹿島アントラーズなど、複数のJクラブで実績を残してきた。

 ダヴィは2007年にヴィトーリア(ブラジル)から当時J2に所属していた札幌に加入。1年目からJ2で17ゴールを挙げてJ1昇格に大きく貢献すると、2008シーズンはJ1で得点ランキング2位となる16ゴールをマークした。しかしダヴィの活躍も虚しく、札幌はJ2降格の憂き目に遭ってしまう。シーズン終了後、同選手は名古屋へ活躍の場を移すことを決断した。

 移籍加入した名古屋では2009シーズン開幕戦(大分トリニータ戦)で早速2ゴールをマークし完璧な滑り出し。攻撃の中心としてゴールを量産したが、加入後約半年後の夏の移籍市場でカタールのウム・サラルへ引き抜かれた。名古屋としてはチームの核となる選手だっただけに、わずか半年での退団は痛手だったはずだ。移籍金570万ユーロ(約7.98億円)を残して、Jリーグを去っている。

 その約2年後、ダヴィはJリーグの舞台に復帰する。ヴァンフォーレ甲府、鹿島アントラーズ、松本山雅、ギラヴァンツ北九州と日本全国のクラブを渡り歩き、J1通算104試合46ゴール、J2通算80試合49ゴール、J3通算18試合4ゴールという輝かしい記録を打ち立てた。2019年に現役を引退している。

●5位:エメルソン(元カタール代表)

生年月日:1978年12月6日
移籍:浦和レッズ→アル・サッド(カタール)
移籍日:2005年7月1日
移籍金:600万ユーロ(約8.4億円)

 年齢詐称、偽名の使用…とピッチ外で複雑な問題を抱えていたものの、FWエメルソンがJリーグ史に名を残す稀代のゴールハンターであることに疑いの余地はない。

 エメルソンが来日を果たしたのは2000年のこと。当時J2に所属していた北海道コンサドーレ札幌へ期限付き移籍で加入すると、リーグ戦34試合31ゴールという圧倒的な数字を叩き出した。

 そのプレースタイルは”獰猛”。ゴールへの飽くなき執着を感じさせる力強いプレーを見せる。爆発的なスピードと圧倒的な決定力を持っているため単騎で仕掛けてゴールを狙うことができ、対峙するディフェンダーにとってスピードに乗った彼のドリブルを止めるのは至難の技だ。

 札幌で活躍した後は、川崎フロンターレへの移籍を経て、2001年の夏に浦和レッズへ加入した。浦和では途中から背番号10を身につけ、2003年にJリーグ最優秀選手賞、2004年にはJ1得点王(26試合27得点)に輝き、それ以外にも数多くの個人タイトルを獲得している。最終的に浦和では公式戦通算129試合に出場し94ゴールをマークした。

 Jリーグで助っ人外国人としての役割を十二分に果たしたエメルソンは、2005年にアル・サッド(カタール)へ旅立つ。その移籍金は600万ユーロ(約8.4億円)とされており、Jリーグから世界への移籍で使われた移籍金では破格の額である。

●4位:バレー(ブラジル)

生年月日:1982年1月18日
移籍:ガンバ大阪→アル・アハリ・ドバイ(UAE)
移籍日:2008年7月1日
移籍金:600万ユーロ(約8.4億円)

 4位にランクインしたジャデル・ヴォルネイ・スピンドラーは、「バレー」の愛称で親しまれた助っ人外国人FWだ。

 ブラジル出身のバレーは、身長190cmの大型ストライカーだ。大宮アルディージャ、水戸ホーリーホックとJクラブを渡り歩いた同選手は、2005年にヴァンフォーレ甲府へ移籍するとチームの攻撃のキーマンとして活躍を収める。相手選手との競り合いに負けない強靭なフィジカルを持っている上にスピードがあるため、対峙するディフェンダーを苦しめ、多くのゴールを奪った。最終的に2シーズン在籍した甲府では、公式戦通算99試合で52ゴールをマークしている。また同クラブには1年目はJ1昇格を、2年目はJ1残留をもたらし、助っ人外国人としての役割をしっかりと遂行した。

 そして2007年、バレーは甲府での活躍が認められてガンバ大阪へ完全移籍を果たした。昨シーズンに続いて大暴れし、リーグ戦は20ゴールを記録。このシーズンのJリーグベストイレブンに選ばれている。このランキングで4位にランクインした移籍金600万ユーロ(約8.4億円)は、そのG大阪からUAEのアル・アハリ・ドバイに移籍する時に発生した。同クラブではリーグ優勝を経験している。

 Jリーグを去った後はアジアのクラブを転々としていたが、2013年に清水エスパルス、2015年に古巣である甲府に移籍と、再びJリーグに戻ってきている。

●3位:マイケル・オルンガ(ケニア代表)

生年月日:1994年3月26日
移籍:柏レイソル→アル・ドゥハイル(カタール)
移籍日:2021年1月12日
移籍金:600万ユーロ(約8.4億円)

 マイケル・オルンガはJリーグの舞台で文字通り”規格外”のストライカーへと変貌を遂げた。

 このケニア代表FWは、貴州恒豊(中国)からジローナ(スペイン)への期限付き移籍期間を終えた後、2018年の夏の移籍マーケットで柏レイソルに加入。2018シーズンは後半戦のみの参戦となったため、リーグ戦はわずか3ゴールに留まった。しかし、ここからオルンガは自身の持つポテンシャルを爆発させていく。翌2019シーズンはJ2で30試合に出場して27得点を挙げ、柏のJ2優勝とJ1昇格の最大の立役者に。オルンガを象徴する最も有名な試合として、このシーズンの第42節京都サンガF.C.戦が挙げられることが多い。この試合で同選手は前半だけでハットトリックを達成し、最終的に1試合8ゴールを奪い、Jリーグ新記録を樹立した。

 満を辞して臨んだJ1でもその勢いは止まらない。2020シーズンはリーグ戦32試合に出場して28ゴールを記録してJ1得点王に。この活躍によって2020シーズン終了後のオフの期間中にアル・ドゥハイル(カタール)へ引き抜かれた。その移籍には600万ユーロ(約8.4億円)という大金が動いたとされている。

 カタールでは21/22シーズン、そして昨季と2年連続で得点王に輝き、3年目の今季はリーグ戦9試合に出場して既に7ゴールを決めている。抜群のシュート技術とゴールへの嗅覚を持ったオルンガにとって、プレーする環境は関係ないのかもしれない。

●2位:レアンドロ(ブラジル)

生年月日:1985年2月12日
移籍:ガンバ大阪→アル・サッド(カタール)
移籍日: 2009年8月27日
移籍金:750万ユーロ(約10.5億円)

 多くのJクラブでプレーした助っ人外国人FWレアンドロ(レアンドロ・モンテーラ・ダ・シルバ)は、歴代2位となる高額な移籍金でJリーグから海外へ渡った。

母国の名門コリンチャンスの下部組織で育ったブラジル人は、2005年にナシオナルAC(ブラジル)から大宮アルディージャに期限付き移籍で加入した。大宮での出場機会は限定的だったものの、同クラブ退団後に期限付き移籍したモンテディオ山形、やヴィッセル神戸では安定した出場機会を得て得点を量産。その活躍もあって2009年にガンバ大阪への完全移籍が決まっている。

 そのガンバ大阪で迎えた2009シーズン、レアンドロはスタートから圧倒的なパフォーマンスを披露する。開幕節、第2節と連続でゴールを奪って勝利に貢献すると、4月に行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)スリウィジャヤ戦から5月のリーグ第11節柏レイソル戦まで公式戦9試合連続でゴールを挙げるという凄まじい記録を打ち立てた。この記録は現在もなおG大阪のクラブレコードとなっている。そして、シーズン途中の2009年8月にJリーグからカタール・スターズリーグに所属するアル・サッドへ活躍の場を移すことがクラブから発表された。その移籍金は750万ユーロ(約10.5億円)とされている。

 2012年に期限付き移籍で古巣G大阪へ復帰した。一度アル・サッドへレンタルバックしたものの、2014年に柏へ完全移籍。その後はヴィッセル神戸、東京ヴェルディとJクラブを渡り歩き、2020年11月にスパイクを脱いでいる。

●1位:フッキ(元ブラジル代表)

生年月日:1986年7月25日(37歳)
移籍:東京ヴェルディ→ポルト(ポルトガル)
移籍日: 2008年7月25日
移籍金:1900万ユーロ(約26.6億円)

 堂々の1位に輝いたのは、元ブラジル代表FWフッキだ。

 “ハルク”の異名を持つこの男は、マーベル・コミックに登場する緑の超人と同じく、筋肉の鎧をまとった強靭なフィジカルを武器にしている。デュエルに滅法強く、相手選手を押しのけて無理やりシュートまで持っていくプレーは彼の十八番だ。圧倒的なパワーを駆使して力強いシュートを放つことができるため、ロングレンジからでもゴールを脅かす。

 そんな超人が東京ヴェルディに加入したのは2007年のことである。当時所属していた川崎フロンターレから期限付き移籍で東京V(当時J2)に加入すると、リーグ戦42試合37得点という驚異的な記録を叩き出した。これにより同選手はJ2得点王に輝き、チームはJ1昇格を果たしている。翌年一度川崎Fへレンタルバックしたものの、シーズン途中に東京Vへ完全移籍した。

 しかし、東京Vに完全移籍したその年の7月に、フッキはヨーロッパ行きを決断する。22歳の若者が選んだクラブはポルトガルの名門ポルトだ。移籍金1900万ユーロ(約26.6億円)を残して日本を去っている。この数字はJリーグから海外クラブへ移籍した選手の中ではトップの数字であり、次点の選手の倍以上の移籍金だ。その後はヨーロッパのクラブを渡り歩き、ブラジル代表に何度も招集されている。2014年にはブラジル・ワールドカップにも出場した。

 現在37歳となったフッキがプレーしているのは、母国ブラジルのアトレチコ・ミネイロ。今もなお、そのフィジカルと左足から放たれる強烈なシュートは健在だ。

【2024年】J1リーグ戦力総合評価ランキング1〜10位。優勝候補はどこだ? 全20クラブを格付け!
【一覧】Jリーグ移籍情報2024 新加入・昇格・退団・期限付き移籍・現役引退
Jリーグ“最強”クラブは? パワーランキング。人気や育成、成績など各指標からJ1〜J3全60クラブを順位化