ブライトンは現地時間28日にFAカップでウルヴァーハンプトン・ワンダラーズと対戦する。それを前に、ブライトンを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督が、怪我をした日本代表MF三笘薫の負傷状況について言及したと、英メディア『サセックス・ワールド』が報じた。

 三笘は今季公式戦26試合に出場し3得点6アシストを記録する活躍を見せているが、現地時間18日に行われたプレミアリーグ第25節のシェフィールド・ユナイテッド戦で、シェフィールドのDFメイソン・ホルゲートから悪質なタックルを受けて負傷。現地時間24日のエバートン戦は欠場していた。三笘だけでなく、ジョアン・ペドロも戦列を離れるなど、ブライトンで怪我人が相次いでいる。

 負傷者が多発している状況を受けて、ロベルト・デ・ゼルビ監督は「私は言い訳をするのは好きではないが、負傷した選手がいない状態でプレーすることが多すぎる。それが引き分けが多い理由かもしれない」と喚いた。三笘については「三笘がいないことは、我々にとって問題だ。私が望むことはただひとつ。全ての選手がプレー可能になることだ。多くの選手を欠いてプレーするのはブライトンにとって難しい。私たちには同じレベルの選手が25人もいない。三笘が水曜日にプレーできるかどうか私はわからないが、彼なしで我々は準備して勝利を目指す。フラム戦も、ヨーロッパリーグのローマ戦も同じだ」と語っている。

三笘薫は? ブライトン年俸ランキング1〜20位
いよいよ三笘薫が壊れてしまう。ブライトンが勝利に払った大きすぎる代償【EL分析コラム】
「Jリーグ→海外」最高額は? 日本人移籍金ランキング1〜10位。古巣に大金をもたらした選手は?