●3位:鹿島アントラーズ

 明治安田Jリーグ2024シーズンが2月23日に開幕した。J1リーグでアカデミー出身選手の総市場価値が最も高いのはどのクラブなのだろうか。今回はデータサイト『transfermarkt』が算出した最新版のJ1クラブ現役アカデミー出身選手の総市場価値をランキング形式で紹介する。※市場価値は3月4日時点。アカデミー出身選手については『transfermarkt』の表示に準拠。
——————————————-

監督:ランコ・ポポヴィッチ
2023リーグ戦成績:5位(14勝10分10敗)
アカデミー出身選手の総市場価値:388万ユーロ
最高額選手:鈴木優磨(200万ユーロ/約2.8億円)

 鹿島アントラーズのジュニアとジュニアユースは、鹿島、つくば、ノルテ(県北地域)とそれぞれ3チームずつで構成されている。関東圏ということもあり、優秀な選手が集まりやすい。そして、ユースの選手たちは寮で生活し、プロになるための身体づくりなども学べるのも特徴だ。

 そんな鹿島のアカデミー出身者には、サッカー日本代表DF町田浩樹(ロイヤル・サン=ジロワーズ)や沖悠哉(清水エスパルス)などがいる。鈴木優磨もその一人で、ジュニアから在籍して今や鹿島の顔に。市場価値も200万ユーロ(約2.8億円)でアカデミー出身選手の総市場価値の半分以上を占め、さらにはチーム全体の市場価値でトップタイの数字となっている。

 また、垣田裕暉が2番目に高い90万ユーロ(約1.26億円)と鈴木と垣田が鹿島の順位を押し上げていると言える。鹿島一筋の土居聖真が50万ユーロ(約7000万円)で3位。さらに、現在トップチームに在籍するアカデミー出身の選手は計8人と比較的多い。

J1クラブ、アカデミー出身選手の総市場価値ランキング 全選手紹介
J1クラブ、アカデミー出身選手の総市場価値ランキング1位
<a href=https://www.footballchannel.jp/2024/02/29/post533220/9/" target="_blank" rel="noopener">J1クラブ、アカデミー出身選手の総市場価値ランキング2位