サッカー日本代表は21日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選で北朝鮮代表と対戦し、1-0で勝利した。先発出場した守田英正は田中碧とダブルボランチを組み、チームの攻守を中盤から支えた。試合後、守田が試合途中から日本代表にとって苦しい展開が続いた原因を振り返っている。

 北朝鮮代表をホームに迎えた一戦で、日本代表は4-2-3-1のシステムを採用し、守田と田中はダブルボランチを組んだ。

 2分、日本代表は左サイドの高い位置で前田大然が激しいプレスでボールホルダーのミスを誘うと、上田綺世がこぼれ球を拾って縦に運んだ。上田からパスを受けた田中が左足でクロスを上げると、ファーサイドで待ち構えていた堂安律が頭で合わせる。南野拓実に当たって跳ね返ったボールを堂安が再びゴール前に折り返すと、走り込んできた田中が右足を振り抜き先制点を奪った。

 先制に成功した日本代表だったが、その後はなかなか攻めきれずにシュートも打てない時間が続く。守田は「最初はいい入りができた」と前置きしながら、先制点を奪った後のチームの戦い方が良くなかった原因を指摘した。

「僕が後ろに構えて余裕があれば碧を押し上げて前にという感じだった。途中から人が立ってなかったりとかで、前の方に意外といけなかった。フレキシブルな戦術の中でしっかり抑えておく必要があるポイントだったり、相手が攻め残りしてる分、こっちが逆サイドは攻撃に上がったりなど、基本的なところを少し疎かにしてしまった」

 また、後半から北朝鮮代表に押し込まれる展開が続いた原因について、「ボールを大事に保持すること、安全に前進させることだけを意識してしまった」と述べた上で、「大胆さがなくなって、ゴールを取りに行くためのビルドアップではなかった。そういうビルドアップは、相手の餌食になってしまう」と、反省点を指摘した。

 守田は「アジアの難しさを感じた」と強調し、「相手も迫力持って厳しめにきていた。もっと試合を終わらせるようなプレーというか、決定打を決めていかないといけないの」と、今後の試合に向けて意気込みを語っている。

英国人が見た北朝鮮戦「結果よりヤバいのは…」「本当に寒すぎ」「鈴木彩艶の先発も…」
サッカー日本代表、面白みのない90分…。MVPは?【北朝鮮戦どこよりも速い採点】
日本代表、次戦のTV放送・配信予定・キックオフ時間は?