スポルティングCPに所属するヴィクトル・ギェケレシュは、優秀なストライカーとして多くのビッグクラブに注目されている。特にチェルシーとアーセナルがこのストライカーに強い関心を示しており、今夏にも獲得に向けて動く可能性が高いようだ。英メディア『90MIN』が現地時間11日に報じている。

 スポルティングCPに所属するギェケレシュは、今季リーグ戦26試合に出場して22ゴール10アシストと脅威的な数字を記録している。スポルティングCPの指揮官であるルベン・アモリムにとっても欠かせない存在になっており、現在勝点71でリーグ首位に立つクラブの絶対的な主力として活躍している状況だ。

 同メディアは、チェルシーやアーセナルなど欧州のビッグクラブが彼に注目している理由について、「得点能力だけを求めてこのストライカーと契約を望んでいるわけではないだろう」と前置きした上で、彼の特徴と強みについて次のように分析していた。

「ファイナルサードでの貢献を物語っているのはゴールだけではない。今シーズンも多くのアシストを記録している。フィニッシャーとしてだけでなく、ボールの出し手としても優秀なことを今シーズンの活躍で示した」

 同メディアは、「アーセナルとチェルシーは、今季ストライカーの不在で苦しんできた」と強調し、この夏に双方が強化に動くであろうポジションであると指摘していた。そして、両クラブがギェケレシュを求める理由について次のように述べている。

「チェルシーにとって、xGの低さは経験豊富な伝統的なストライカーの必要性を浮き彫りにしている。アーセナルからすると、ゴールを決める中心的なストライカーの不在は、現状優れたチームの唯一の弱点かもしれない」

 もっとも、同選手の契約解除金は8600万ポンド(約137億円)に設定されており、この金額の高さがロンドンの2クラブに獲得を思いとどまらせる可能性があると同メディアは指摘していた。

冨安健洋が解決した今季のアーセナルの課題。完全スタメン奪取は近いのか【CL分析コラム】
給料高すぎ!? アーセナル、年俸ランキング1〜10位