リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは今夏退団が噂されているため、その後釜を探しているリバプールが、レアル・ソシエダに所属する日本代表MF久保建英の獲得に向け、攻勢をかける準備ができているようだ。英メディア『チームトーク』が報じている。

 チームのエースとしてリバプールの攻撃陣を牽引しているサラーだが、以前からサウジアラビアのクラブへ移籍する可能性が伝えられていた。移籍金が2億ポンド(約384億円)になるとの噂もあり、サラーの契約期間が2025年6月で終了することを考えると、リバプールが応じる可能性が高いと見られている。リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が今季限りで退任することも、サラーの移籍を後押しすることになりそうだ。

 そこで後釜候補に挙がっているのが、久保やバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWレロイ・サネなどの優秀な選手たち。久保について、同メディアは「リバプールはソシエダ所属の選手獲得に向けて、攻勢をかける準備ができているという。情報によれば、彼らは久保をチームに迎え入れる決意をしているようだ。久保の契約解除金は約5100万ポンドなので、移籍金よりも選手の個人的な条件を重視した動きになる可能性が高い。なぜなら、その金額で久保との交渉のテーブルに着くことができると分かっているからだ」と報じ、移籍金よりも久保との交渉の方が重要になるとの見解を示している。久保の現在の希望はスペインに残ることと伝えており、イングランド行きを説得できるかどうかが鍵となるかもしれない。

久保建英は? レアル・ソシエダ年俸ランキング1〜10位
FWのエゴと久保建英の違和感。目に余るプレーでレアル・ソシエダが失うものとは【分析コラム】