Jリーグで華々しい活躍を見せるプラチナ世代

 12、13日に行われる代表候補合宿。注目を集めたのは大久保嘉人の招集だが、日本代表にとって何よりも重要なのは若手の台頭だ。すでに代表経験のある武藤や宇佐美らプラチナ世代とリオ五輪世代の選手たちは、ハリルジャパンの未来を担う存在となる。

——————————

 6月16日のシンガポール戦(埼玉)からスタートする2018年ロシアW杯アジア2次予選。ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督率いる新生・日本代表初の公式戦となるこの一戦を控え、12・13日には国内組のみの代表候補合宿が千葉県内で行われる。

 そのメンバー28人はすでに発表されているが、2014年ブラジルW杯以来の復帰となる32歳の大久保嘉人(川崎)からリオデジャネイロ五輪世代の20歳の浅野拓磨(広島)まで年齢層は非常に幅広い。

 大久保や今野泰幸(G大阪)らベテラン勢にしてみれば、3年後のロシア大会まで十分やれるところをアピールしなければならないし、20代前半の若い世代はより大きなインパクトを残して存在価値を高める必要がある。それぞれにとって重要なチャンスなのは間違いない。

 そんな中、やはり最も注目すべきなのが、今季Jリーグで華々しい活躍を見せている宇佐美貴史(G大阪)ら92年生まれのプラチナ世代だろう。現時点でのJ1得点ランキングを見ると、宇佐美が9点でトップ、武藤嘉紀(FC東京)が8点で大久保、豊田陽平(鳥栖)と並んで2位と絶好調をキープ。

 10日のJ1では2人とも得点はなかったものの、宇佐美は持ち前の豪快なドリブル突破、武藤は球離れを速くしながら空いたスペースに飛び込む動きを随所に披露。完全にチームの攻撃の中心に君臨していた。

 ハリルホジッチ監督が視察した10日の鹿島アントラーズ戦後、武藤は「点を取れない時間帯もあるけど、そういう時こそ、少しでも守備陣の助けになるプレスに行くようにしている。そういう仕事をやっていれば最後に必ず得点チャンスが回ってくる」と攻守両面に関わるのをモットーとしている選手らしいコメントを口にしていた。

 その言葉通り、彼の攻守の切り替えの速さ、ボールを奪ってからのゴールに向かう迫力とスピードは抜きんでていた。最近の急成長ぶりをボスニア人指揮官もしっかりと脳裏に刻み込んだだろう。

ステップアップに不可欠な自主性、積極性

 その武藤らFC東京攻撃陣を完封した柴崎岳・昌子源の鹿島コンビも光った。彼らの戦術眼の鋭さが出たのは、セットプレーからの攻めを浴び続けた後半だ。

「15試合26失点という状況を踏まえ、今回はセットプレーの守備をマンツーマンではなくゾーンに変えた。それで最初はうまく行っていたけど、後半に前田(遼一)さんが入ってから何度も危ない場面を作られた。そこで岳も俺もマンツーに戻して前田さんをマークした方がいいんじゃないかと考えた」と昌子は神妙な面持ちで言う。

 柴崎も「マークの仕方を変えた方がいいと思ったけど、監督の指示もある。正直、葛藤はあった」と修正の必要性を感じていたという。

 直後にトニーニョ・セレーゾ監督からマークの指示が出て、山本脩斗が前田についたことで鹿島は無失点勝利をモノにしたが、昌子は「そういう発信はピッチ上の自分たちがもっとやるべき。代表に行けば、ハセ(長谷部誠)さんや麻也(吉田)が主にそういう役目を担うのかもしれないけど、僕ら若手が言ってもいいはず」と自分たちがリーダーシップを持つ必要性を改めて強調していた。

 杉本健勇(川崎)を含めた92年生まれの世代が「単なる代表の若手」から「主力」へとステップアップするためにも、昌子の言うような自主性や積極性が必要不可欠だ。

 そういう自覚は全員が抱いているはず。指揮官も彼らにそこまでのタフで貪欲さがあるかどうかをピッチ内外を通して事細かくチェックするだろう。そこが、この合宿の1つの見どころになりそうだ。

代表チームの生存競争を活性化させる若手の存在

 一方、プラチナ世代より若い植田直通(鹿島)、岩波拓也(神戸)、浅野らリオ世代の面々にとっては、今回は代表定着への絶好のチャンス。

 3人の中でクラブで完全にレギュラーに定着しているのは目下、岩波1人だが、植田には頭抜けた身体能力と1月のアジアカップ(オーストラリア)に帯同した経験、浅野にはタテへの推進力とゴール前の爆発力という武器がある。

 若い選手というのは短期間で大化けする可能性もゼロではないだけに、まずはそれぞれの武器を指揮官にしっかりアピールすることが先決だ。それが生き残りへの第一歩と言える。

 植田と岩波が定着を狙うセンターバックのポジションには、ブラジル大会経験者の森重真人(FC東京)や岡田武史監督時代からA代表経験のある槙野智章(浦和)らベテランはいる。

 が、彼らと言えども世界トップFWを完封できるとは言い切れないだけに、U−17世代から世界を経験してきた植田と岩波への期待は非常に大きい。浅野が競争に身を投じるFWのポジションにしても、似たタイプといえるのは永井謙佑(名古屋)、武藤くらい。独自性を出せる可能性は必ずあるはずだ。

「代表合宿は自分が成長できるいい機会。岩波もいるし、みんなで争ってレベルアップしていけるといい」と植田が言うように、彼ら20歳そこそこの選手がいい刺激をもたらしてくれれば、日本代表の生存競争も一段と激化するし、選手層も厚くなる。ハリルホジッチ監督もそういう前向きな変化を強く求めているに違いない。

 合宿開始に先駆けて11日にメディアの取材に応じる指揮官の発言も含め、今回のチームの動向、若手の一挙手一投足から目が離せない。