チェルシーに所属する36歳のブラジル代表DFチアゴ・シウバが、同クラブと契約延長することになりそうだ。伊メディア『トゥット・メルカート』が現地時間24日に報じた。

 昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団したシウバは、今年8月にチェルシーと1年契約を締結。チェルシー加入初年度であるが、今季ここまで公式戦9試合に出場している。

 同メディアによると、チェルシーはシウバとの契約延長を望んでいるようだ。ピッチ内外でのシウバの貢献を評価しているという。また、チェルシーはシウバと2022年まで契約を延長するとみられ、すでに交渉が開始されているようだ。近日中にも決定する可能性が伝えられている。

 果たして、シウバはチェルシーとの契約延長にサインすることになるのだろうか。