パーソナライゼーションは、トレンドではない。今後も消費者が求めるものとして、存在し続けるものだ。スニーカーでも自動車のラッピングでもネイルシールでも、消費者はさまざまなものを自分の好みに変えることができる。

ここ10年ほどの間に、私たちが消費するコンテンツも徐々に変化してきた。コンテンツは従来、制作者が視聴者に何かを伝えるという形の下に成り立ってきた。だが、観衆はもはや単純に「見る側」にいるわけではない。消費者にとって、それでは十分ではなかったのだ。

インスタグラムやスナップチャットのようなパブリッシングプラットフォームが数多く登場してきたのはそのためだ。消費者はこれらによって、コンテンツの「オーディエンス(観衆)」から「キュレーター」へと変化した。

機能が大幅に向上した携帯電話のカメラを使って、消費者たちも作る側に加わりたいと考えている──リアルタイムで、それぞれの独自の方法で。消費者たちはこれまでの枠組みを超えて、日々のコミュニケーションにもこれまでのテキストメールではなく、自ら作成した興味深いコンテンツを使うようになっていく可能性がある。

キュレーターは「クリエイター」へ

どこかで何かが起きるその瞬間に、その事柄について他の人たちとやり取りをしたいと考える人は増加している。その願望を満たすアプリの一つが、Kombie(コンビー)と名付けられた新しいアプリだ。

ユーザーはボタンを押すだけで、見ている動画の中に入り込むことができる。ビヨンセのビデオでも、大好きな映画の1シーンでも、友人がユーチューブに投稿した動画でも、その中に自分を写り込ませ、作った動画を他の人たちと共有することができる。インタラクティブなセルフィー動画作成アプリだ。

特にZ世代の若者たちは、ただ単にフィルタを追加したいだけではなく、リップシンク動画を公開したいだけでもない。もっと積極的にアクションを起こし、注目を集め、自分たちが作ったものを共有したいのだ。

こうした傾向は、コンテンツの作成を事業に役立てたいブランドにとっても歓迎すべきものだ。消費者がコンテンツの一部になるとき、その人たちのエンゲージメント(愛着心)は急速に高まるからだ。これは、新たに生まれた「即時の創造」「即時の反応」というパラダイムだ。Z世代の主要なコミュニケーション手段として、動画の人気は爆発的に高まっている。

セルフィー動画の幅広い用途

Kombieなどのアプリはコミュニケーションの方法を変えるだけでなく、教育を変える力を持っている。「まねる」ことは学ぶことの基本でもあるからだ。例えば子どもたちに、(「セサミストリート」で)エルモがアルファベットを暗唱したり、スペイン語で数えたりする動画の中に写った自分たちを見せることができる。さらに、20秒で作成されるKombieの動画は繰り返し再生されるため、何度も見て覚えることができる。

また、学習への応用ができる分野は子どもの教育にとどまらない。台詞を覚えようとする俳優や試験勉強中の生徒、重要な情報を広めようとする企業にも役に立つはずだ。

Kombieを立ち上げたミュージシャンのバズ・パルマー(ハンターズ&コレクターズ)とスチュアート・バーウィックは、自分たちで製作した商品をギグの会場などで販売する中で、「ファンは撮影された動画の中に自分が写っていれば、もっとビデオを購入するのではないかと考えた」という。

彼らはすでに米国の10代の若者たちに大人気のMuscial.ly(ミュージカリー)や、Dubsmash(ダブスマッシュ)などのプラットフォームとともに、セルフィー動画によってコミュニケーションのあり方をつくり変えようとしている。

Annabel Acton