フォーブスは最近の記事で、世界の経営学(ビジネス)専攻学生に人気の就職先が、テクノロジー、金融、コンサルティング、消費財の関連企業だと伝えた。では、今世界で最も需要がある分野の一つである工学の道を進む学生たちはどうだろうか?

調査会社ユニバーサム・グローバル(Universum Global)は、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イタリア、日本、ロシア、韓国、英国、米国の12経済大国で、工学系の学生約15万人を対象に、就職先として人気の企業を調べた。トップ10社は以下の通り。

1位 グーグル
2位 マイクロソフト
3位 アップル
4位 ゼネラル・エレクトリック(GE)
5位 BMWグループ
6位 IBM
7位 インテル
8位 シーメンス
9位 ソニー
10位 サムスン電子

1位は、ビジネス系学生のランキングでも首位に立ったグーグルだった。同社は市場価値が7000億ドル(約79兆円)に達しつつあり、5月のフォーブスによる全米ベスト・エンプロイヤー(最も優れた雇用主)ランキングでは2位に入った。ユニバーサムのランキングではフェイスブックとアマゾンはトップ10入りせず、それぞれ16位と17位となった。

純粋なテクノロジー系企業はトップ10の大半を占めているが、工学系の学生の心を完全に独占しているわけではない。

4位には、CEOを16年間務めたジェフリー・イメルトの退任が先月発表されたゼネラル・エレクトリック(GE)が入った。自動車メーカーのBMWは5位で、前年より一つ順位を落とした。リンクトインのデータによると、同社では数千人のエンジニアが働いている。8位には、ミュンヘンに本社を置く複合企業のシーメンスが入った。同社は発電所からX線機器まであらゆるものを建設・製造している。

ビジネス系の学生に比べて、工学系の学生は専門サービスを提供する企業にあまり興味がないようだ。純粋な専門サービス業の企業のうち、ランキングで最上位だったのは20位のマッキンゼーだった。一方、ビジネス系の学生のランキングでは、トップ10のうち4社が専門サービス企業だった。

工学系の学生が入りたい業界は何だろうか? ユニバーサムによると、「ソフトウエア、コンピューターサービス、マルチメディア開発、デジタルエンターテインメント」の分野が23%の票を集め、最も人気だった。その後には、産業工学・製造(21%)、航空宇宙・防衛(20%)、自動車(17%)、エネルギー(16%)が続いた。

また工学系の学生はビジネス系の学生と比べ、給与を気にしないようだ。工学系の学生にとってのキャリアの最優先事項はイノベーション(革新)に携わることだったのに対し、ビジネス系の学生は将来の高収入をより重視していた。

Jeff Kauflin