最新のブランディング手法のひとつとして注目を集める「ブランデッドムービー」。松尾貴史、中尾孝年、西田二郎、別所哲也が、「笑い」を広告に活かすための方法を探った(トークpart1はこちら)。

別所哲也(以下、別所):インディペンデントインキュベートというLEDの照明を製作・販売されている会社の『Firefly Man』という作品を上映しました。これはもともと営業用ツールでつくられたのですが、評判がよく、広告祭でも数々受賞されたそうです。

松尾貴史(以下、松尾):コメディ作品ですが、これも僕は泣きましたよ。”自己犠牲”がテーマというか、映像のアンパンマンみたいなもんですから。(会場笑) 電気代も払えない貧しい家族という深刻さから、一気にトーンが変わり、ああいう顛末になる。起承転結でいえば、「転」が長いのが、ギャグの王道をいっているのかなと思います。

◆インディペンデントインキュベーター『Firefly Man』


中尾孝年(以下、中尾):この作品は、CMディレクターとして見ると完璧です。単に笑いを追求するのであれば、あんなに長い尺は保たない。笑いがあるなかで、せつないオチがあっておもしろいから、長い尺をあれだけ満足させられる。

松尾:古今東西で笑いは分析されていますが、僕がいちばん納得したのは、桂枝雀さんがおっしゃった「笑いというのは緊張と緩和の同居である」というもの。つまり緊張材料としての「貧困」「これからどうするの?」という差し迫った状況に、ああいうかたちで緩和が訪れる。笑いのことをよくわかっている人がつくったのではないかと思いますね。

西田二郎(以下、西田):本来的に「笑い」ってライブだと思うんです。島田紳助さんが『風、スローダウン』という感動的な映画をつくりましたが、本当はおもしろい映画をつくりたかったらしいんです。でも最終的に紳助さんがおっしゃったのは「映画で笑いは無理や」と。イメージはあるみたいなんですが、「なんぼカットをつないでもおもろない」といっていました。

本作を見て感じたのは、バラエティの『ダウンタウンのごっつええ感じ』で表現されているのに近いかなと。ダウンタウンさんの笑いというのは、実は笑いだけではなく、生活に密着した「なんかわかるわ」というせつない感じがあるんです。世の中にいるどこかおかしい人をグッとデフォルメして、おもしろさに落とし込んでいるんですが、視聴者は「このおっちゃん、笑ったらあかんよな」と思いつつも、つい笑ってしまう。

本作も、森に入っていったお父さんが5年後にホタル男になって家族のもとに帰ってきて、最後はああなるでしょう。笑ったらあかんと思いながら笑ってしまう。逆にこのテーマは深刻に描いたら、ちょっと見られないんじゃないかな。

別所:その通りです。あと、ここがショートフィルムのおもしろい部分かなと思うのは、ホタル男になるお父さんの葛藤とかはすっ飛ばしているんですよね(笑)。小説家の湊かなえさんも「削りの美学」という言葉をおっしゃっていましたが、そういう飛ばしの文化がある。

松尾:飛ばしているけど、見た人それぞれの数だけ想像されますよね。ホタルに変身できる能力をどうやって得たのかとか(笑)。

西田:何かに出会って何かを差し出したのかとか(笑)。

別所:僕はお風呂場で娘が「見ないで!」というのが好きです。ああいうのも日常の父親と娘の関係というのをうまく引っ張っていて、西田さんがおっしゃった「生活に密着した笑い」とつながってくる。

中尾:本当の意味でのエモーショナルな笑いは、一発ギャグ的なおもしろさとは違いますよね。心がグッと揺さぶられる笑いには、実はきっちりとした長い秒数が必要だったりする。

松尾:変顔をすれば2秒で終わる。ホタル男がフン!ときばったら尻が光るのも3秒で終わる。そこまでに、何をどうもっていくのか。シリアスな状況を下地としてつくってあるからこそ、笑いの力も発揮できるんです。

別所:あと、ダブルミーニングになっていると思うのですが、天井にくっついて「お父さんはお前たちのために輝き続けるぞ」という台詞がまたせつないですよね?

松尾:視聴者は「なにうまいことゆーとんの?」と心の中でツッこむ(笑)。

別所:さて、「笑い」を広告に活かすには? というテーマですが、海外と日本は笑いのセンスが違うじゃないですか。その違いのなかでどうやって間や共通性をつくるのか。ドメスティックに国内のお客様にだけ向けてつくっていいのかどうか。

中尾:笑いは特に難しいですよね。特定の民族や文化のなかでしかわからないものがあって、出てきた瞬間に笑える・笑えないという違いが出てくる。

松尾:たとえば『モンティ・パイソン』の映画シリーズだと、キリスト教のことを笑うギャグがたくさんあるけれど、イギリス人がキリスト教に対してどのようなアンビバレントな思いを持っているのか理解していないと笑えない。あと、『モンティ・パイソン』にはツッコミ役がいない。困ってオタオタしている人がいるのに、誰もそこに突っ込まずに、異常な状況がそのままエスカレートし、そのまま次の場面に行く。

別所:『Mr.ビーン』もそうですよね。

松尾:そう。つまり、その世界観がパラレルワールド的につながっているということなんですよ。「ちゃんちゃん♪」と処理する機能がない。

別所:ずっこけるとかないですもんね。

中尾:僕は個人的に、日本人の笑いに対する感性は、細やかで敏感すぎると思うんです。海外のCMを日本人が見ると、だいたい何をおもしろがっているかわかりますが、僕らがめちゃくちゃおもしろがっているものを海外の人に見てもらうと、まったくわからないことが多い。それは日本人が基本的には単一言語を話す民族であり、間合いや言語化されていないものを理解する能力がすごく高いのかなと。

松尾:目配せするだけでニュアンスがわかるというのはありますね。落語の話ばかりで恐縮ですが、右を向いて話し、左を向いて話したら、ふたりの人物が話していると理解する芸能って、たぶん世界にはあまりないと思う。スタンダップコメディはあるけど、あれは「◯◯がこういったんだ」と地語りが入りますから。

中尾:外国は足し算の芸能なんです。足して足して足しまくる。日本は逆で、引き算の芸能。引くことでさっと粋に仕上げ、それをみんなが感じ取って笑ったりする。

別所:なるほど。笑いというのは、けっこう約束事があるということでしょうか。

西田:笑かすための構造がしっかりある、ということかもしれないですね。


a
(左から)別所哲也(ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 代表)◎1990年、映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰し、文化庁長官表彰受賞。

中尾孝年(電通クリエーティブディレクター)◎日本中で話題になり社会現象にもなったAKB48江口愛実や大人AKB48などを手がけたヒットメーカー。世界最高峰のカンヌを複数回受賞するなど国内外での受賞歴も豊富。

松尾貴史◎俳優、タレント、ナレーター、コラムニスト、”折り顔”作家など幅広い分野で活躍。カレー店「般°若」(ぱんにゃ)店主。街歩きエッセイ『東京くねくね』(東京新聞出版局)など著書多数。

西田二郎◎読売テレビ放送編成局編成企画部長。『11PM』『EXテレビ』を経て、93年放送開始の『ダウンタウンDX』を演出し、20年以上も続く長寿番組に育てる。15年1月、営業企画部開発部長。16年7月、現職。

堀 香織