人に対して自分が取った態度を、後から悔やんだことはあるだろうか? 相手は同僚や部下、上司、あるいはパートナーや子どもの場合もあるかもしれない。

以下は、職場で起こり得る2つのシナリオだ。

<シナリオ1>

Aさんはある製造会社に勤務している。ある日、上司のJさんはAさんが仕事でミスをしたと判断し、腹を立てて同僚たちの目の前でAさんに怒声を浴びせた。

Aさんは説明しようとしたが、Jさんはそれを遮り、Aさんをばか者呼ばわりしながら言った。「もう君の仕事ぶりは信用できない」。そして他のメンバーに向かって「いいか? ばかなことをするとこういうことになるんだ!」と言うと、会議室を飛び出してしまった。

結果:

Aさんは恥ずかしさでいっぱいになり、ひどく落ち込んだ。何も間違ったことをしようとしたわけではなく、上司に頼まれた仕事を独創的にこなす方法を思いついたつもりだった。Aさんは自信を失い、自分の職務能力を疑い始めた。上司といるのが気まずく、彼の顔色をうかがうようになってしまった。

Aさんの同僚にも影響があった。仕事のやり方についてのJさんの意向を逐一確認するようになった。そうしないとJさんに何を言われるか分からないと恐れたからだ。生産性は下がり、革新は減り、従業員の士気も低下。一方で事細かな指示は増えた。

<シナリオ2>

Aさんはある製造会社に勤務している。ある日、上司のJさんはAさんが仕事でミスをしたと判断した。Jさんはミーティングの最中、怒ることなく一呼吸置き、質問した。「Aさん、君がしたことを理解したいので、説明してくれるかな?」

Aさんはこう説明した。Jさんに言われた仕事をする際、ITシステムに入力する情報に重複があることに気がついた。チーム内の担当者2人に相談し、すぐにシステムに幾つかの変更を加えてもらった。「数か所の画面が以前から少し変わりましたが、重複情報の入力を排除することによって、毎週数時間分の仕事を削減できるはずです」

Jさんは、Aさんが素早く重複を見つけ、率先してITシステム改善に取り組んでくれたことに感謝した。また、IT担当者2人の素早い対応も称賛。「こうした日々の改善が、最終的に顧客の利益につながる。皆のチームワークに感謝したい。いい仕事をしてくれた!」

結果:

Aさんは、上司が同僚の前で自分の仕事を認めてくれたことを嬉しく思った。そして、他にも改善の余地がある部分を、ますます積極的に探すようになった。同僚たちも、上司が革新性やチームワークを重視することを知り、ワークフローの改善について考えるようになった。そのため生産性は上がり、革新が増え、従業員の士気も向上した。


ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を生き延びた精神科医のビクトール・フランクルはこう言った。「刺激と反応の間には空間がある。その空間の中に、私たちが自分の反応を選ぶ自由と力は存在する。その選択の中に、私たちの成長と幸福がある」

あなたは日々、何かが起こった時にどう反応するかを試されている。反射的に浅はかな反応を返す前に、いったん時間を置こう。

どんな返答方法があるかを考え、その返答が引き起こす影響を考えよう。あなたはその反応を通じ、自分の内なる人格を外にさらけ出すことになるのだから。

Lisa Quast