ニュースメディアのバズフィード(BuzzFeed)は先ごろ、同社初のスマート家電となるブルートゥース連携のホットプレート、「テイスティ・ワン・トップ(Tasty One Top)」を発表、専用アプリと連動する動画レシピからさまざまな料理を作れる製品であることを明らかにした。

そのレシピ動画サイト「テイスティ(Tasty)」は、1700の料理の作り方などを紹介している。テイスティは立ち上げから2年で世界最大のレシピ動画サイトの一つに成長。メディア調査会社チューブラー・ラボ(Tubular Labs)によれば、今年6月時点でのテイスティの視聴回数は、フェイスブック上で10億回以上、ユーチューブ上では6500万回以上となっている。

そのテイスティの特徴は──

・「買ってきた果物から種を取り出し栽培する方法」が一番人気─ 約780万回シェアされ、視聴回数はおよそ3億900回

・フェイスブック、ユーチューブ、インスタグラム上での動画再生回数はこれまでに合わせて約580億回

・1か月に世界中のフェイスブックのユーザー4人に1人の目に触れている

・フェイスブックのファンは世界全体で約1億6200万人

・テイスティのページのアクティブなファンは約1億740万人

注目すべき理由

バズフィードとテイスティはソーシャルメディアでのリーチ数を生かし、ファンが関心を持つテクノロジーをシームレスに一体化させている。そして、ファンが本当に求めている製品を提供している。この点が、現代のデジタル時代において成功するためのレシピだ。同時に製品やテクノロジーへの投資リスクの軽減も実現している。

だが、この方法で開発する製品なら全てが成功するかといえば、それはそうではない。ただし、大量のデータやソーシャルインサイトがあること、膨大な数のファンがいることは、それだけでも製品に対するインプレッション数やクリック率、コンバージョンを高めることにつながり、最終的には短期間での実売につながることになる。

Tom Popomaronis