オキュラス(Oculus)の共同創業者の一人であるジャック・マッコーリー(Jack McCauley)がVR分野のスタートアップ企業、Lucid VRにチーフエンジニアとして加わった。

カリフォルニア州サンタクララ本拠のLucid VRは180度の立体視動画や画像を撮影できる3Dカメラを製造する。同社のカメラの価格は約500ドルだが、CEOのHan Jinによると既に数千台を出荷したという。また、新たなバージョンの製作も開始しており、マッコーリーの参加により製造コストを下げ、より消費者に響く価格にすることを目指している。

現在57歳のマッコーリーはコンシューマ向け電子デバイス分野のベテランだ。マッコーリーはかつてギターヒーローのコンソールマシンの設計を手がけたほか、エレクトロニック・アーツのゲーム用の心拍モニターの製作にも関わった。

オキュラスではチーフエンジニアとしてDK1とDK2の開発に携わったマッコーリーは、フェイスブックが2014年にオキュラスを20億ドルで買収した直後に会社を離れ、自身のラボでVRのヘッドトラッキング(頭の動きを検知する機能)関連の問題を、MEMS(微小電気機械システム)センサーを用いて改善する研究を行ってきた。

Lucidは2015年にJinとスタンフォード大学で電子工学の修士課程を卒業したAdam Rowellにより創業された。同社はシードラウンドで210万ドルを調達して以降、さらなる資金調達を目指している。投資家の顔も持つマッコーリーは、同社に出資を行ったが、金額は明らかにしていない。

Lucidが直面する課題の一つは、消費者の間のVRへの関心が今ひとつ盛り上がりに欠けることだ。2016年にはオキュラスやソニー、HTCらがハイエンドなVRヘッドセットを発売したが、反応は鈍かった。当時、調査企業Canalysは各モデルの売上を予測し、ソニーのプレイステーションVRが80万台、HTC Viveが50万台、オキュラスリフトが40万台と見込んだが、その後、オキュラスは価格を引き下げる動きに出た。

PC接続型のVRヘッドセットに未来は無い

インタビューでマッコーリーは「価格の高さとコンテンツの少なさがVRの行く手を阻んでいる」と述べていた。「PCに接続して使用するVRヘッドセットの売れ行きは予測を大幅に下回った。個人的にはPC接続型のデバイスに未来は無いと考える。モバイルこそがVRの未来だ」

スマートフォン連動型のVRヘッドセットは、PC連動型に比べ価格が大幅に安く、操作も単純なことを理由に人気を博している。今年の家電見本市CESの会場でサムスンは、500万台のGalaxy Gear VRを既に販売したと述べていた。

しかし、Lucidのようなスタートアップが抱えるさらに大きな課題は、消費者らがもはやカメラという単一機能のデバイスを求めなくなったことだ。アクションカメラメーカーのGoProが2014年の上場以来、悲惨な業績を残していることからも、それは明らかだ。

Lucidはまた、VRカメラの製造販売に特化した数少ないスタートアップ企業の一つだ。この分野ではサムスンがコンシューマ向けに229ドルで発売したGear 360と、ノキアがプロ向けに1万5000ドルで発売したOzoカメラ等が数少ない前例となっている。

VRカメラは将来的には、スマートフォンの一機能として一般化する可能性もある。アンドロイドの父として知られるアンディ・ルービンは、親指大の360度カメラを同梱したスマートフォン「エッセンシャル」を年内に発売しようとしている。

ただし、現状ではVRコンテンツへの需要はそれほど高まってはおらず、先を急ぐ必要は無い。それでもなお、Lucidはカメラ製品が売れなかった場合に備え、バックアッププランを用意している。マッコーリーが任されたもう一つの使命は、スマートフォンメーカーらに働きかけ、Lucidのテクノロジーを彼らのスマートフォンに採用させることだ。Lucidは同社の180度カメラ技術を各メーカーに、ライセンス販売する計画も練っている。

Aaron Tilley