リーダーの責任と義務は、人々がうまく仕事をこなし、能力を発揮できるよう助けること。そのため、フィードバックを与えることは、リーダーにとって重要かつ、しばしば難しい課題となる。

思いやりのあるフィードバックは贈り物とも言えるが、そのように受け止められない人も多い。だからこそ、リーダーは相手が受け入れやすいフィードバックをしなければならない。以下に、そのためのこつを紹介する。

1. 人前で褒め、裏で叱る

このルールを常に守ろう。また、自分の反応は常に周囲から見られていることを覚えておくこと。発言内容だけでなく、言い方や、自分をいかに抑えられるかが問題だ。

2. 信頼を築こう

前もって、必要な下地作りをしよう。人は、信頼を置く人からのフィードバックの方が受け入れる気になるものだ。「私が考えを伝えるのはあなたに必要な部分を補いたいから」という思いを、相手が理解していることが理想だ。

信頼関係が強ければ、断罪ではなく協働する立場から物を言えるため、伝えにくいことも言いやすくなる。部下のキャリア志望を知っていれば、表面化した問題行動も、部下が自己を改善し、目標を達成するための機会となる。信頼関係が強くなるほど、より率直に伝えることが可能になる。

3. 建設的なフィードバックをしよう

私は社会人になりたての頃、フィードバックを折檻の武器として使う、まるでドラマ「マッドメン」の登場人物のような上司からフィードバックを受けていた。いじめと同様、この方法は良い結果につながるとは思えない。フィードバックは、受け手に自己肯定感とインスピレーションを与えるべきだ。今日の職場は、私が若かった頃に比べればかなり進歩したと思う。

4. 思いやりを持つ

皆にとっての最善を考え、愛と善意を持ってフィードバックを伝えよう。自分が怒っている時にフィードバックはしないようにしよう。受け手は傷ついたり、批判されていると感じたりして、反抗的な態度を取ってしまう。

5. 相手の立場を理解する

フィードバックは、相手が「受け入れモード」になっている時に伝えるのが最善だ。そのタイミングを知るには、相手に直接尋ねてみよう。

「1対1の面談をする時間は取れる? 提案したいことがあるのだけど、もし聞く準備ができていなかったら、できてからで大丈夫」

このような方法で、何が起きようとしているのかを察知させ、あなたが支援の気持ちを持っていることを理解させよう。

私は最近、一緒に仕事をしている人から愚痴に付き合ってくれないかと言われたが、その場でははっきりと、今は話を聞けない、と返事をした。

しかし、時には相手にまずは感情を吐き出させてから、実用的な議論に移り、問題の全体像を把握できるよう手助けすることも必要だ。その方法は簡単で、「私は現状をこのように見ている。あなたはどうか?」と尋ねればよい。

6. 難しいからとフィードバックを避けない

職場環境を極端に高め、建設的なフィードバックがもはや必要でないほどのレベルにまで持ってくることなど不可能だ。愛のむちは、改善に向けた長い道のりにこれから先もずっと必要だ。

Maynard Webb