モノがあふれ「モノより経験」の価値が重視される世の中の流れを受け、「所有」よりも「時間」を使う贅沢へ意識のシフトが進んでいます。

米作家エリザベス・カリッド−ハケット氏の著作「The Sum of Small Things: A Theory of the Aspirational Class」によると、昨今、米富裕層の消費スタイルが変わり、家事サービスなどを利用して時間を生み出し、「オペラに行ったり、旅行に行ったり」しているといいます。

ところで、なぜここで真っ先に「オペラに行くこと」が挙げられるのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

西欧では、貴族が力を持っていた時代から、功成り名遂げた人物は教育・健康・芸術に心を砕くのが社会的尊敬を勝ち得る条件でした。つまり、高潔な精神のあり方の発露として、パトロン活動があるとみなされていたのです。それは今も変わらず、だからこそ社会的エスタブリッシュメントはこぞって病院、学校、芸術への寄付を行い、自身の高潔な精神を見せるわけです。

ことに、芸術に関心を寄せ、寄付をすることは、そこにその人の価値観や趣味が現れるという点でも重要とされています。その対象として、オペラは別格。オペラの知識がないと「この人は芸術を知らない」と見なされるエリートの条件であることから、この本でも最初に「オペラに行ったり」と象徴的に書かれるのです。

では、なぜ芸術の中でもオペラが特別なのか? それにはいくつかの要因があります。

まず、オペラを成り立たせる上で最も重要な楽器、歌手が奏でる声楽の位置付けです。讃美歌に象徴されるように、ヨーロッパでは昔から、人の声は神に近い楽器として特別な地位が与えられていました。だからこそ、教会で楽器を奏でることは世俗的であるとして禁止されていた中世にも、歌を歌うことだけは神を賛美する行為として許されていたのです。

次に、社会性です。オペラはその誕生の頃から、時代時代の社会的問題を音楽にくるんで切り取ってきました。例えばモーツアルト作曲の「フィガロの結婚」は使用人が領主を懲らしめるという、当時のオペラの聴衆である貴族階級から見るととんでもない話。この原作となるボーマルシェ作の戯曲(同じく、フィガロの結婚)は、フランス革命の一因となったともいわれる過激な貴族批判で革命前夜のヨーロッパで上映禁止されていたのですが、モーツァルトはわざわざそれをオペラとし、上演できるようにしたのです。

有名なヴェルディ作曲の「椿姫」は、娼婦が主役であるため大騒ぎに。また、ビゼー作曲の「カルメン」も柄の良くない登場人物が多く、舞台上で人殺しまで行われるため、当初は野蛮な作品とされていました。

このようにオペラは、各時代に政治的であったり煽情的であったり、センセーショナルな題材を”芸術の衣”に包んで、その一歩先にある人間の本質を描いて見せてきた社会的な芸術形態なのです。

しかし、オペラが最高の芸術だと思われている最大の理由は、見ていて贅沢で面白い娯楽であるうえに、文字通りの総合芸術で、芸術の素養を持てば持つほど深く理解をしていくことができるという側面があるからにほかなりません。

詩篇である台本、さまざまな技法が詰め込まれた作曲手法、歌とともに高度な演技力も求められる歌手、音楽を担う指揮とオーケストラ、演出、美術、衣装、空間デザイン……そして劇場そのものの芸術的価値など、オペラにはありとあらゆる芸術の集合体。一度に1000人を超えるキャストやスタッフが動く上演も珍しくありません。

公演に際しては、作曲、台本、それに指揮者や出演者以外に、演出家、美術デザイナー、照明デザイナー、衣装デザイナーなども大きく取り上げられ、「今回の衣装デザイナーはだれか?」「舞台美術はどうか?」ということも話題になります。これはまさに、オペラが総合芸術であることの象徴といえるでしょう。

a
イタリアオペラ界の最高峰とされるスカラ座(posztos / Shutterstock.com)

さて、話をアメリカに戻すと、いまアメリカでは最もお金がかかるオペラ制作、新作オペラが花盛りです。その原動力になっている歌劇場の一つがセントルイス歌劇場。これまでにも多くの話題作を送り出してきたこの歌劇場が今年送り出すのが「An American Soldier」。中国系二世でアフガニスタンに従軍した兵士が自殺した、というアメリカで話題になった実話をもとに、愛国心や文化的アイデンティティについて深く切り込む作品です。

そして、その最も重要な女声の役(主人公の母親役)を務めるのが、ニューヨーク在住の日本人歌手、重松みかさんです。重松さんは、アメリカで日本人オペラ歌手が活躍する礎を作ったといっても過言ではないメゾソプラノの歌い手。日本では大阪音楽大学で教えています。

実は、日本人のオペラ歌手はアメリカだけではなく、ヨーロッパも含め世界で活躍しています。また歌い手に限らず、作曲家も世界に羽ばたいており、例えばハリウッド映画にもなった遠藤周作の「沈黙」は故松村禎三氏がオペラにしていて、高い評価を受けています。また来年3月には、フランス国立ラン歌劇場では故黛敏郎氏が作曲した「金閣寺」が上演、7月にドイツのシュツットガルド歌劇場が上演する新作オペラ「地震・夢」は細川俊夫氏に作曲が委嘱されています。

オペラをただ”外国の文化”として知るだけでなく、日本人の活躍と合わせた話ができると、世界のビジネスエリートとの会話もより深く、スマートなものとなるでしょう。

武井 涼子