昨年、テスラは密かに世界トップクラスの半導体設計者であるジム・ケラーを採用していた。ケラーはアップルの独自プロセッサであるApple A4を手がけたほか、AMDでもいくつかの重要プロジェクトを率いていた。

イーロン・マスクが率いるテスラは、あらゆるイノベーションを自家製で生み出そうとしている。テスラが自前の半導体チップの開発に取り組むのも自然な流れといえる。

CNBCは先日、テスラがケラーのかつての勤務先のAMDの手を借りて自動運転車向けのカスタムチップを開発していると報道した。このチップは自動運転に必要なディープラーニングなどの人工知能(AI)の向上を目的としている。

報道によると現在、ケラーの配下で50名以上のエンジニアが開発にあたっているという。他にもAMDのトップレベルのエンジニアのGanesh VenkataramananやBill McGee、Dan Baileyらが加わっていると伝えられた。

CNBCはAMDからスピンオフしたGlobalFoundriesのCEOであるSanjay Jhaが、テスラとの取り組みをアナウンスしたと報道した。しかし、GlobalFoundriesの広報担当者はこれを否定した。同社は特定の顧客および潜在的顧客名は明かさないとしている。

「Sanjayはアップルやグーグル、テスラのような企業がチップ製造に関心を持つであろうと述べただけだ。テスラと我が社が自動運転分野で提携している事実はない」と広報担当者は述べた。

仮にテスラとAMDが提携しているとしたらエヌビディアにとっては大きな脅威になりうる。エヌビディアはAI分野で競合を大きくリードし、昨年発表されたテスラのAutopilot 2.0にも参画を果たした。マスクはその発表の場で、エヌビディアと緊密な連携をとっていくと述べていた。

2019年までに、完全自動運転の実現を目指すテスラはエヌビディアと提携する以前は、モービルアイの製品を自動運転支援ツールとして用いていた。しかし、その後モービルアイとは見解の不一致が生じ、昨年の7月末頃に提携を終了。その後、モービルアイはインテルに150億ドルで買収された。

インテルの存在感も急上昇

自動運転分野ではここ最近、インテルの存在感が急激に高まっている。9月に入りグーグル陣営のウェイモは、これまでインテル製のハードウェアを同社の自動運転車両に採用してきたことを初めて公にした。

一方でアナリストの間からは、今回のAMDとテスラの提携話は疑わしいとの声もあがっている。Global Equities ResearchのTrip Chowdhryはバロンズの記事で、「AMDはマシンラーニング分野では出遅れた企業だ」と述べた。

しかし、組む相手がAMDでないにしろ、テスラが自前のAIプロセッサ開発に意欲を燃やしていることは確実だ。Bernstein ResearchのStacy Rasgonは「そう遠くない将来、テスラは自前の自動運転チップを発表するはずだ」と述べた。

高いグラフィック処理能力を持つエヌビディアのGPUは、マシンラーニング分野で最も有力なデバイスであるとの評価を勝ち取った。しかし、マシンラーニングにおいては今後、特定の領域に特化した製品の登場が期待されている。

グーグルはデータセンタ向けのTPUチップを発表し、アップルも最新モデルに自社製のA11 Bionicチップを導入し顔認証のアルゴリズムに用いている。自動運転に特化したチップ開発をテスラが行うのは自然な流れといえる。

フォーブスはテスラとAMDにコメントを求めたが、現時点では回答は得られていない。

Aaron Tilley