今年11月、自民党の竹下亘総務会長の「同性パートナーが、天皇、皇后両陛下主催の宮中晩餐会に出席するのは反対」という発言が、波紋を呼んだ件は記憶に新しい。

同性愛者や支援者たちの反発に竹下氏は反省を表明し、河野太郎外相が28日の衆院予算委員会で、祝賀レセプションの来賓について、「法律婚・事実婚あるいは同性、異性にかかわらず、配偶者またはパートナーとして接遇するよう指示した」と明らかにした。

一方、同日、カナダのトルドー首相は下院での演説で、性的指向を理由とした公職追放など、性的少数者(LGBT)に対してかつて「国家による組織的な抑圧と排斥」があったと認め、公式に謝罪した。

マジョリティと平等の権利を求めるセクシュアルマイノリティの運動の成果が、ようやく「公」の反省や謝罪に現れてきている。

今回紹介するのは、2015年のアメリカ映画『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』(ピーター・ソレット監督)。二人のレズビアンのカップルが、異性愛者と同様の権利をいかに獲得していったかを、実話を元にして描いている。

2002年、ニュージャージー州オーシャン郡。ローレル(ジュリアン・ムーア)は、地元の群政委員にも一目置かれるほどの評判を勝ち取っている敏腕刑事だ。相棒のデーンとは強い信頼関係で結ばれている。

ある休日、公共の体育館でのバレーボールに参加した後に声をかけてきたのが、彼女より一回りは若そうな女性、ステイシー(エレン・ペイジ)。互いが同性愛者であることを無言のうちに察知するこの出会いから、クラブでの初デート、ステイシーがリードするダンスの場面、そして親密な語らいからベッドを共にするまでは、急速に惹かれ合っていく男女のそれと何も変わらない。

目下捜査中の大きなヤマを抱える刑事として気の休まる暇のないローレルと、その日常に戸惑うステイシーのちょっとした喧嘩と仲直りには、つき合い始めのカップルの初々しさが滲んでいる。海辺でのリラックスしたデートで、将来望むものをローレルに聞かれたステイシーは、「愛する人に愛されて、家があって犬がいて‥‥」と語る。これも、多くの人が夢見る平凡な幸せだろう。

一年後に彼女たちは、二人の家を手に入れ、犬を飼うという夢を実現。揃って役場に出かけ、婚姻制度に準じる新制度である「ドメスティック・パートナー法」によって、晴れて公認の家族になる。当時、まだ同性愛者の結婚は法的に認められていなかった。

ローレルの収入で賄う家のローン返済を少しでも手助けしたいと、ステイシーは機械いじりの特技を生かして自動車修理工場に就職。一方で、ローレルが同性愛者であることを初めて知ってショックを受けるのが、相棒のデーンだ。なぜ秘密にしていたのか問う彼に、警察というお固い職場でカミングアウトするのがどれだけ難しいかをローレルは訴える。

男性中心の社会でゲイよりもさらに厳しい状況に晒されがちなレズビアンの位相に気づかせるシーンが、さりげなく散りばめられている。

二人の幸せは長く続かず、ある日末期ガンであることが判明したローレルは、治療に専念するため休職。あとに残されるステイシーのため、「州のパートナー法を適用し、自分の死後、遺族年金をステイシーが受け取れるようにしてほしい」と郡政委員会に嘆願書を出す。

驚きと混乱に見舞われる委員会の面々。「適用は可能では」と問う委員がいる一方、反対派委員は「パートナー法は結婚の神聖を冒すもの。こんなものを認めるのは政治的自殺行為だ」とまるで取り合わない。

彼女たちを応援するデーンは、月2回の公開委員会で直訴してはと提案。「平等な措置を」との第一回目の訴えは拒否されたが、地元の新聞が取り上げたことで、同性婚法制化を目指す同性愛者の団体が動き出す。

その代表であるゲイのユダヤ人スティーブンの押しの強いキャラに、当初は警戒するローレルやステイシーだったが、願いの実現のため彼らの力も借りることに。ここから始まる、ローレルたち同性愛者やその支援者と、州のパートナー法を郡に適用するのを拒む郡政委員会との攻防が興味深い。

次の公開委員会に押し掛けた同性愛者団体の激しいアピールに委員たちは動揺するが、結果はやはり拒否。デーンは職場でローレル支援を呼びかけるものの、同僚たちの反応は芳しくない。

美しい金髪もごっそり抜け落ち憔悴しきった中で、最後まで正義を信じようとするローレル、内心絶望感に打ちひしがれながらも、それを隠してパートナーに献身するステイシー。何もかも異性愛カップルと変わらない彼女たちの権利獲得を阻んでいるのは、同性愛者への偏見ばかりでなく、保守的地元民への郡政委員会の「忖度」という構図が明らかになっていく。

娘とそのパートナーを労り静かに寄り添うステイシーの母親、ゲイであることを隠しつつシンパシーを寄せる職場の新米警官、同性愛者蔑視発言を連発する同僚、そして相棒のために奔走するデーンと、委員会の中で唯一の賛成派であるブライアンの葛藤……。周囲の人々のさまざまな思惑の中で、ローレルの病状は進みタイムリミットが迫ってくる。

結果的に彼女の嘆願書は記念すべき前例を作ることになるのだが、一つだけ私が気になった点がある。

ローレルは上司や同僚たちの信頼の篤い、ほぼ非のうちどころのない優秀な刑事として描かれている。実際、モデルとなった女性はそうだったのだろう。それだけに、最終的に同僚たちが支援に回ったのは、彼女が職業人として既に功績があり立派な人柄だと認識されていたからではないか? との思いが脳裏を掠める。もし並みの警察官だったり職場で「敵」を作りがちな人柄だったとしたら、彼らは果たして動いただろうか。

「皆に好かれる立派な同性愛者」であれば支援するが、そうでなければ支援しない、したくないという感情は今でもまだ根強くある。だがそれこそが差別だ。権利はすべての人が平等に有するものなのだから。

映画連載「シネマの女は最後に微笑む」
過去記事はこちら>>

大野 左紀子