1000億ドル(約11兆円)を稼ぐには何が必要なのか? その答えは、ジェフ・ベゾスが知っている。彼はアマゾンを起業してオンライン小売の世界最大手に育て上げ、世界一の富豪の座を手にした。こうした成功は偶然手に入るものではなく、適切な思考法が必要だ。それは、あなたも今から身につけられる。以下に、ベゾスを類まれな存在にしている10の特徴を紹介する。

1. 情報を70%集めたところで決断する

情報収集は大切だが、ベゾスは「大半の場合、望む情報量の70%ほどが集まった時点で決定を下さなければならない。90%になるまで待つと手遅れだ」と話している。

例えば、短時間配送サービス「プライムナウ」は、考案から111日後に導入された。もちろん紆余(うよ)曲折はあったが、迅速な意思決定をすれば競争で先手を打てる。完璧な情報がそろうまで待っていては遅過ぎる。

2. 競争を無視する

多くの企業は他社の戦略を気にするがあまり、競合企業の模倣に走る。しかし実際に優先すべきは顧客へのサービスだ。そうすればイノベーションと成功がもたらされる。

ベゾスは、アマゾンのプライム会員制度ができた背景も同様だったと話す。「顧客は明確に何が欲しいか分からなくても、より良いものを求めている。顧客を喜ばせたいという願望が、発明の原動力となる」

3. 10%の可能性に賭ける

ベゾスはかつて「100倍の利益が返ってくる可能性が10%あれば、必ず賭けるべき」と語った。大成功を収めるには大胆な決断を下す必要がある。たとえ失敗しても、将来成功するための教訓を得られる。

例えばアマゾンのマーケットプレイスは2回導入に失敗しているが、3度目には成功。それ以降は、同社売り上げの半分近くを構成するまで成長した。

4. 現状の成功に甘んじない

現時点ではうまく行っていても、このまま競争力を保てるとは限らない。変化が起きてから対応するのではなく、現状を注視して、自分から変革を進めよう。

アマゾンは、先見の明を持つことで成功を収めている。ベゾスは、電子商取引を個人に合わせてカスタマイズする事業に可能性を見出し、その分野に注力した。

5. 特異な文化を作る

アマゾンの特異な文化は賛否を集めてきた。この文化は全ての企業に合うわけではないが、アマゾンとの相性は良い。ベゾスは株主向け書簡の中で「競争の中に置かれたときに活力を感じる人が選び幸せになる文化がある一方で、開拓や発明を愛する人は違う文化を選ぶ」と指摘し、「アマゾンの手法こそ正しいと言うことは絶対にないが、これこそ私たちの文化だ」と述べた。

6. プロセスに進化を阻ませない

大企業ではプロセスが進歩を妨げるようになるが、アマゾンは大企業ながらも新たなことを試している。アマゾンプライムでは常にテストや実験を繰り返しており、無料の当日配送や、プライムナウでは1時間配送まで導入した。

さまざまな試みを続ける姿勢により、プライム会員数はさらに増加した。役所仕事のようなプロセスに進歩を妨げられることなく、イノベーションを起こす方法に常に目を光らせよう。

7. 全てを分解する

ベゾスは従来のビジネス慣習を破壊することで、多くの競合企業が試みつつも実現できなかった商品配送方法の開発に成功した。電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOも、テスラ車を設計する前にメルセデス・ベンツ車を分解している。当たり前だと思っていることを「分解」し、より良い方法を見つけよう。

8. ビジネスを「役所仕事」にしない

スタートアップはイノベーションと素早い決断の場だが、成長するにつれ役所仕事のようになり、イノベーションが損なわれる。米紙ニューヨーク・タイムズによると、「ベゾスは、アマゾンが容赦ない貪欲な企業から役所のようなのろい組織になることを避けたいと考え、常にスタートアップのような感覚を持つことを望んでいる」。最先端に存在し続けるには、スタートアップの精神が欠かせない。

9. 失敗の達人になる

間違った決断を下す恐怖は、会社のイノベーションを阻んでしまうことが多い。しかしベゾスは「うまく軌道修正ができれば、間違った選択をしても思うほどのダメージはない」と語る。素早く安価に失敗する方法を学べば、間違った決断の修正は問題とはならない。

10. 長期的視点を大事にする

ベゾスがアマゾンの株主向けに初めて書いた書簡には「大事なのは長期的視点だ」とある。投資の決断から成長計画、採用など、全てに長期的見通しが必要だったが、この戦略が実を結んだ。長期的な戦略を採用すれば賢い決断を下し、長期にわたる成功を達成できる。

ここに挙げた10の行動に倣えば必ずジェフ・ベゾスのようになれるとは限らないが、それでも良い。積極的で先見性のあるこうした考え方を習得すれば、将来の事業の収益性向上につながるはずだ。

Jon Youshaei