何か欲しいものがあったら、店舗まで足を運ぶ。「もしかしたら売り切れているかもしれない」と思いつつも、欲しいものはリアルの場で購入するほかなかった。

しかし、今は違う。アマゾン、楽天、ZOZOタウンなどのECプラットフォームの台頭によって、私たちの消費行動は大きく変わった。店舗に足を運ぶのは商品との偶発的な出会いを求めるためで、欲しいと思うものはECサイトで購入するのが当たり前になっている。

ECサイトの買い物で必要となるのがクレジットカードだ。代引きや後払いも可能だが、基本的にはクレジットカード決済が前提。全員が全員、クレジットカードを保有できればいいが、現実はそう簡単ではない。

例えば、支払い能力の乏しい若年層やフリーランスは与信がないと判断されてしまうため、クレジットカード会社の審査が通りづらい。彼らにとって、ECサイトでの購買活動やサブスクリプションサービスとの契約は意外と不便だったりする。

そんなクレジットカードの代替サービスとして登場したのが、カンムが運営する「バンドルカード」だ。アプリから申請すると数分でスマホにバーチャルカードがインストールされ、VISA加盟店でネット決済が可能。手続きが完了すれば、実物のカードを手にすることもできる。



また、2018年4月にはアプリで金額を指定するだけで入金される新サービス「ポチっと」を開始した。2018年中に150万インストールを目指しているという。

彼らがこの時代にカードとスマホの併用で決済サービスを行う理由とは。そしてこれからの「決済の形」はどのようになるのか。カンムの八巻渉に聞いた。


カンム 八巻渉

「アプリを開く手間」も与えないくらい手軽にしたい

━━金額を指定するだけで入金される「『ポチっと』チャージ」を開始されました。まず、サービスを開始した理由を教えてください。

決済を手軽にしたい。それがサービスを始めた最大の理由です。今から2年前、2016年に”アプリから誰でも1分で作れるVisaカード”をコンセプトにした、チャージ式Visaプリペイドカード「バンドルカード」の提供を始めました。

生年月日と電話番号を入力するだけで、すぐにネット決済専用のバーチャルカードを発行。希望者は実店舗で使えるリアルカードを持つことができたのですが、個人的には課題もあるなと思っていました。

━━課題ですか。

誰もがすぐにリアルカードを持つことはできたのですが、チャージ式のため、カード内にお金をチャージするには、コンビニでチャージしたり、ATMからお金を振り込んだりしなければなりませんでした。

今回、「ポチっと」チャージをリリースしたのは、チャージの手間を改善することが目的です。やっぱり、お風呂上がりの深夜にコンビニまで足を運ぶのは嫌ですから。

━━確かに面倒です。

僕はこれらのサービスを通じて、誰にでも等しく決済手段を提供したいと思っています。例えば、現在は若い世代や与信審査に通りづらい職業の人など、法的な問題でクレジットカードを作れない人がたくさんいます。そうした人が親のクレジットカードを持ち出す、あるいは闇金に手を出してしまうケースも少なくありません。

バンドルカードのメインユーザーは10代ですが、「ポチっと」チャージは20代以上の利用を想定しています。10代にはまず「バンドルカード」を使ってもらい、カードで買い物をすることに慣れ親しんでもらい、20代から「ポチッと」でクレジットカードのような使い方をしてもらう。これがLTV(ライフタイムバリュー)の理想形ですね。



━━バンドルカードはアプリ上だけでなく、実際にカードを発行して使うこともできます。こちらの利用者は多いのでしょうか?

想定より比率は高いです。一度でもネット決済したことがある人は、リアルカードを発行する確率が高いですね。

バンドルカードの最大の強みはアプリを中心とした手軽な操作性です。例えば、クレジットカードの場合は管理会社に電話しなければ利用を止めることはできませんが、バンドルカードは全ての操作をアプリ上で完結させています。これからはさらに改善を加え、アプリを開く手間すらも感じさせない。そんな操作性を目指していきたいです。

また、支払い後30秒程度で履歴に反映されるリアルタイム明細も好評で、クレジットカードをつくることができる30代以上の利用者も一定数います。将来的には、これも通知欄で確認できるようになったらいいですね。

━━「ポチッと」は便利な反面、不正の温床にならないのでしょうか。商品購入後2カ月までの後払いを認めたZOZOTOWNの「ツケ払い」サービスは滞納者が続出しているそうです。

もちろん不正の懸念はあります。現状、入金の上限は2万円にしており、保証会社もつけています。ただ、若者が中心のサービスだからといって踏み倒す人が多いかと言えば、決してそんなことはありません。

もちろん、一時的にお金がなくて支払いが遅れることはありますが、ほとんどの人はどこかのタイミングできちんと支払ってくれます。



本当に支払う気がない人は年代によらず一定数存在します。

リスクがないと言ったら嘘になりますが、きちんと返済してくれる人の利便性を優先すべきだと判断しました。

━━子どもがバンドルカードを利用しすぎたせいで、親からクレームが入るというケースはありませんか?

ほとんどありません。子どもが無断で発行したカードを止めて欲しいという連絡が入ることはありますが、これも月に1件程度。むしろ、子どもが注文したカードがなかなか届かないことについて親からクレームが来ることもありますね。

いまの10代は何にお金を使っている?

━━バンドルカードのメイン利用者である10代(Z世代)の消費動向についての報告も出していますね。若者の消費には、どのような特徴があるのでしょうか。

EC比率が多く、中でも割安なサービスを好んで使う傾向にあります。同じ化粧品でもロフトではなく安さが売りの「Qoo10ショッピング」で購入しますし、メルカリなどの中古売買サービスの利用も積極的に利用します。

また、他の世代に比べてコンビニの利用が多いのも特徴的です。品目別ですと、男子はPSN(プレイステーションネットワーク)やApp Storeなどのゲーム関連、女子はコスメが目立ちます。

━━お小遣いが限られているので、なるべく節約したい、と。

そういうことだと思います。利用単価が高い品目で特徴的なのは、海外旅行やライブチケット、コーヒーショップ、アニメやゲームに関するグッズなどです。

インスタグラムで映えるものや友人との盛り上がりのツールになるものが多いことから、白書ではこうした傾向をまとめて「コミュニケーション消費」と呼んでいます。特に学生は1日のほとんどを「学校」という限定的な世間で過ごすことになるので、そこでのつながりに関する消費が増えているのでしょう。

我々の世代では想像もできなかった利用法としては、YouTuberなどの応援のための投げ銭、いわゆる「送金文化」があります。このためにアカウントを作る人も結構いるようですね。バンドルカードのPRでもYouTuberの宣伝効果はかなり高かったです。送金文化が大衆化していけば、学校の友達への投げ銭も一般的になるかもしれません。

これから普及するのはデビッドカードかもしれない

将来的には、クレジットカードのような与信が必要なサービスを始められればと思っています。10代でバンドルカード、20代前半で「ポチッと」チャージを使ってリテラシーを高めてもらい、その次の段階としてクレジットカードを用意できたら、と。

━━少しネガティブな質問ですが、クレジットカードを含めたカード決済は今後も残るのでしょうか。スマホ決済や仮想通貨が次々に拡大していけば、カード決済は淘汰されてしまう可能性も考えられます。

当分は残ると思います。私の予想では、スマホ決済は現金が不要になるほど爆発的に普及することはありません。もはやスマホ決済が当たり前になった国は中国など、たくさんありますが、それはその国ではセキュリティ面などで現金決済に不安があったからです。ほとんど何の心配もなく現金を扱える日本には、急激な拡大を後押しする要因がありません。

スマホ決済が普及するより先に、スマホの後継となるデバイスが登場するか、実店舗自体がなくなってそもそも現金決済という仕組み自体がなくなると思います。Suicaがスマホ決済一本になるなど急激な変化が起これば、状況は変わるかもしれませんが……。

カード決済が不要になるくらいにスマホ決済が広まるには、牛丼屋やラーメン屋でも当たり前にApple Payが使えるようにならなければならないはずです。

━━では、クレジットカードはまだまだ使われ続けるということですね。

そう予想しています。ですが、最近はクレジットカードよりもデビッドカードがメジャーになるかもしれないと思うようになってきています。

おそらく現在26歳くらいの年代が、決済リテラシーの大きな分かれ目なのではないでしょうか。これくらいの頃に、定期券の形態が変わったからです。初めてもった定期券は、磁気カードとプリペイドカードのどちらでしたか?

━━私は磁気カードでした。



旧世代ですね(笑)。初めからプリペイドカードの定期を使っていた若者にとってはお金をチャージしてから使うのが当たり前なので、クレジットカードの後払いを不安に思う人が多いようです。「クレジットカードはダサい」とハッキリ言い切る若者もいますね。

━━使ったことがないのに、なぜダサいと思うのでしょうか?

ブラックカードのように、上の世代のステータスになっているところをダサいと感じているのではないでしょうか。他には単純に、「なんで後払いしなければならないの?」という声も聞きます。クレジットカードの後払いという機能をダサいと考える機運があるかもしれません。

実際、デビッドカードは月に使える上限金額を設定できるので便利ですよね。リテラシーがない人は、クレジットカードは必ず金利が発生すると勘違いしていることも多いです。

━━クレジットカードを使わない人が「クレジットカードを持つとお金を際限なく使ってしまう」と考えていることがよくありますが、これからはそれがスタンダードになるかもしれないということですね。

すでになりつつありますね。リテラシーがあって仕組みがわかる人にとってはポイントも貯まるクレジットカードの方が便利だと思うのですが……。昔だったら当たり前にあった「社会人になったらクレジットカードを持つ」という風習がなくなりつつある。

━━若い頃からバンドルカードを使っていたら、わざわざ新たにクレジットカードをつくらなくてもいいですよね。

とはいえ、クレジットカード市場が衰退するということはないでしょう。EC市場が拡大しているので、クレジットカードの利用規模自体は増え続けています。このまま成長を続ければ、2022年頃にはいまの1.5倍の規模になるはずです。

ですが、やはり周りの人と同じものを持ちたがる傾向はかなり強いので。そういう意味では、バンドルカードのようなサービスが普及することで周りに持つ人が減れば、世代交代と共にクレジットカードを持つ人は減るかもしれないですね。ただ、日本のクレジットカードは、原則1回払いでデビットカード的に使っている人がほとんどなので、利用シーンやユーザー心理はあまり変わらないとも思いますが。

スマホ決済や仮想通貨に注目が集まっていますが、もしかしたら、10年後の決済の主役がデビッドカードになっている可能性もあるかもしれません。

Forbes JAPAN 編集部