「男性は意見の内容で批判され、女性は意見を持っていることで批判される」と語るのは、米ニュースサイトのボックス(Vox)でプロデューサー・記者を務めるリズ・プランクだ。つまり、意見を言うのは楽ではないということ。

英紙ガーディアンの調査では、執筆する記事の話題に関係なく、男性記者よりも女性記者の方がネガティブなコメントを集めやすいことが分かった。また、米国では主要な従来型メディアの特別記事のうち、女性が書いたものは20%ほどしかないのも驚くべきことではない。

意見を表明することは難しくもあるが、リーダーとしての役割でもある。リーダーの意見は企業の意思決定やニュースを形作るからだ。議論に参加するには、職場やコミュニティーで発言し、自分の知識や価値を示すこと。あなたのアイデアは重要であり、ジャーナリストのキャサリン・ランファーが言うように「大きな問題への強力な解決策」となるかもしれない。

周囲に傲慢(ごうまん)だと思われる「独り善がり」状態になることなく意見を共有することは可能だ。発言するときは、他者に聞き入れられ、尊敬されるような話し方にしよう。ここでは、女性(そして男性)が、「独善的」にならずに意見を表明する7つの方法を紹介する。

1. 事実に基づく

事実に基づいて話せば、自分の意見を強化できる。考えをデータと組み合わせ「2つ目の選択肢が良いと思います。なぜなら……」と言い、事例研究などを引用する。意見を事実に基づくものにすれば、説得力が増す。あなたが情報を持っていれば持っているほど、周囲の人はあなたの意見を聞きたがるものだ。

2. 具体的な言葉を使う

考えが具体的であればあるほど明確さが増し、自分の意見を聞いてくれたり理解してくれたりする人が増える。「常に」「必ず」などの断定的な表現は使わないこと。自分の意見が絶対正しいのだという態度はとらないこと。また、具体的に表現する方が説得力は増す。

3. きっぱり話す(ただし大声を出す必要はなし)

意見がある場合は、それをきっぱりと口に出そう。自分の考えを受け入れること。そうすれば自信がにじみ出て、言葉に説得力が出る。大声を出さなくてもインパクトを生むことはできる。

4. 質問をして他者の意見を聞く

他者を会話に招き入れ、スピーチではなく議論をすること。「どう思われますか?」と周囲に質問する。

柔軟な姿勢を取ろう。あなたが最初に持っていた意見は、他者の意見を聞くことで変わるかもしれない。他者の意見に関心を持っていることを示し、周囲の人々が自分たちの声を聞いてもらえていると感じるような対話を形成しよう。

5. 相手を見る

体を使い、自分の心が広いことを示そう。話したり聞いたりするときは、アイコンタクトを取る。体を他者に向けて、オープンさを示すため身振りを使おう。あなたの心の広さを目の当たりにすれば、周囲はそれを信じるようになる。

6. むやみに対抗意見を出さない

筋の通った疑問や反対意見があるなら意見を共有すれば良いが、自分が正しいことを証明するためだけに、他者の意見を意図的に締め出さないこと。議論のための議論は非生産的・自己中心的で、人を不快な気分にしてしまう。

7. 最初と最後に発言する

話す順番にも意味がある。遠慮せず、まずは最初に発言して調子を定める。他の人の考えを聞いていることを示すことも重要だ。最後にもう一度発言することで、他者の考えを自分の発言に融合させることができる。他者の意見も聞いていることを示せば、説得力が増し、より大きな影響を与えられる。

意見を持ち、それを表明するのを恐れないこと。周囲に影響を与え、意見を聞いてもらうには、伝え方を意識することが大事だ。詩人マヤ・アンジェロウの言葉を借りれば、人はあなたの言ったことは忘れても、それによってどういう気持ちになったかは忘れないのだ。

Avery Blank