大好きな彼氏との結婚を考えるのは、ごく自然なことですよね。
しかし、相手が自分と同じように考えているとは限りません。
今回は、社内恋愛の彼氏に「結婚願望がない」という理由でフラれたAちゃんの話をご紹介します。

交際2年「そろそろ結婚を考える時期かな」と思いきや…

Aちゃんには社内恋愛の彼氏がいました。
交際2年が過ぎ、年齢も20代後半になったAちゃんは、彼氏との結婚を意識するようになります。
彼氏とはとくに喧嘩もなく、仲良く付き合っていて、仕事とプライベートの両立も問題ありません。
「きっと彼となら、素敵な結婚生活を送れるだろう。彼も私と同じ気持ちのはず」と、結婚への期待は高まっていきました。

「オレ、結婚願望ないから」と彼氏にフラれて絶望

しかし、彼氏の口からは結婚の「け」の字も出ません。
Aちゃんは彼氏に結婚を意識してもらえるよう、甲斐甲斐しく世話をしたり、さりげなく将来の話をしたりと努力していました。
それでも何も言わない彼氏に、Aちゃんはついに聞いてしまいます。

Aちゃん「ねぇ、私との将来考えてる?」
彼氏「将来って?」
Aちゃん「だから…結婚のこと…」

勇気を出して、結婚の話題を出したAちゃん。
しかし、彼氏の返事は残酷なほど冷たく短いものでした。

「オレ、結婚願望ないから」

そして、「結婚とか重くて無理。オレと付き合っていてもお前の時間を無駄にさせてしまう」という理由で、Aちゃんは彼氏に振られてしまいます。

結婚願望ないはずの元彼が新入社員と電撃結婚

しかし、破局から2年後、なんと元彼が新入社員と電撃結婚を発表!
元彼が新入社員の指導員となり、あっという間に親密になって交際開始。
その数か月後に結婚を決め、職場に公表という流れだったそうです。「結婚願望ないって言ってたのに!」
元彼への気持ちはすっかり冷めていたAちゃん。
それでもたった2年で前言撤回して、自分より早く結婚を決めた元彼に怒り爆発!
愚痴を延々と聞くことになった私は、一生懸命Aちゃんを慰めました。

自分を振った元彼に結婚祝いを渡す理不尽さ

Aちゃんは大人なので、職場で取り乱すことはありません。
それどころか、職場で用意する元彼と新入社員の結婚祝いの代金もきちんと払っています。
元彼はAちゃんの名前が連名として記載されたお祝いを、果たしてどんな気持ちで受け取ったのでしょうか。
元彼との交際を職場に隠していたので、周囲から妙な詮索をされないのは不幸中の幸いでした。

ftnコラムニスト:ききた