不倫というと、後ろ暗いイメージがありますよね。しかしわたしが以前勤めていたバイト先に、明るい不倫をしている同僚がいました。今回はその時の話をします。

1日おきにお迎えの男性が違う40代の既婚女性

学生時代のバイト先は家電量販店に併設された小さな携帯ショップでした。同僚は全員中年女性。その1人に毎日シフト終わりに2人の男性が交互で迎えに来る40代の女性A子さんがいました。

1人目の男性は同じ40代くらいの優しそうな紳士、2人目は大学生くらいの男の子です。不思議に思っていると、別の同僚が耳打ちをしてくれました。

「昨日来られた男の人がご主人、今日来た男の子は彼氏だそうよ」

ネットゲームで知り合った男子大学生と交際中

翌日、シフトに入ったA子さんにお迎えの話を聞いてみると、特に隠す様子もなく笑顔で教えてくれました。

A子さんは最近ネットゲームにハマっているそうで、そこで知り合った大学生の男の子と交際に発展したそうです。

A子さんはかなりふくよかで正直美人というタイプではありませんでしたが、明るく社交的で誰とでも打ち解けやすいタイプです。

確かに、顔の見えないネットゲームなら、A子さんの気さくさにハマる男性がいてもおかしくはありません。

A子さんと彼氏と夫の3人で食事することに!

子どももおらず束縛を嫌うA子さんは、恋愛を否定されるのなら夫とは別れてもいいと考えているそう。

しかし、ご主人側がA子さんに依存しており、どうしても別れたくないと言われているそうです。そこで、大学生の男の子との交際と、ご主人との生活を両立させるために3人での食事会をセッティング。

どちらがどのくらいA子さんと過ごすかを直接話し合ってもらったそうです。

わたしは大学の卒業と同時にバイトを辞めてしまったため、その関係が今も続いているかは分かりません。

しかし、当時のA子さんは常に元気でハツラツとしており、彼女を迎えに来る男性もとても幸せそうでした。

男と女の関係は、人の数だけあるのだなと知った経験でした。

ftnコラムニスト:ユウキミサト