髪の細さやコシのなさ……アラフォー女性の悩みを解決する鍵は、ボリューム感のあるショートヘアにありました。王道技は、レイヤーで動きをつけて丸みのあるシルエットを演出する方法。広がりを抑えたい場合は、トップやサイドを長めに残して扱いやすく整えるのもオススメです。小顔見せやフェイスラインのカバーも同時に叶えて、若々しく魅力アップしましょう。

美シルエットのショートウルフ

襟足を残しつつ全体にレイヤーを入れた、トレンドのウルフカットです。サイドと後ろにボリュームが出て、細い髪でも豊かな印象を与えられます。あくまでショートなので、耳や首元はスッキリ爽やか。ひし形のシルエットによって、内側の顔が小さく見えるメリットもあります。

前下がりで顔まわりスッキリ

レイヤーをたっぷり入れた前下がりショートは、気になる顔まわりを隠しながらボリュームアップできる髪型。サイドを長めに残すことで縦のラインが際立ち、丸顔でもキュッとスマートな印象に。襟足は首に寄せてタイトにカットしているので、メリハリがついて、トップから後頭部にかけて美しい丸みを演出できます。

迷ったら人気No.1カット

どれも素敵で決めきれないなら、@vivo_ten6さんの投稿で「保存数No.1」を誇る人気カットを参考にしてみて。ほどよいレイヤー加減で、ナチュラルに仕上げたボリュームアップヘアです。表面にエアリーな動きがありながらも、アウトライン自体は引き締まっているので、膨張した印象になりません。サイドの後れ毛でフェイスラインのカバーもバッチリです。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@motoshi0105wolf様、@takatsu_kazunori様、@vivo_ten6様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:tea