2022年〜23年秋冬に人気を集めたツイード。今季はトラッドが流行のキーワードとあって、例年以上に豊富にラインナップされています。そんなツイード人気は2023年春も継続中。これは要チェック!ツイードアイテムはエレガントなデザインが多いから、私はパス、と考えているカジュアル派のみなさんも、ちょっとお待ちを!気楽に着用できるものも多彩に揃っています。「デニムパンツにも合う」をキーワードにセレクトしたアイテムをピックアップ!

【ローズ バッド】襟アレンジOKなロングコートは、流行グリーンで鮮度もカジュアル感もアップ!

ざっくりと織られたツイードをヘリンボーン柄で表現したロングコート。大きな襟は折り返しもスタンドカラーもOKで、襟元で印象を大きく変えることができます。クラシカルなデザインながらグリーンで旬を押さえられるのもポイントです。

【ロペ】立体的なシルエットでブルゾンにスタイリッシュさを加味

辺見えみりさんがディレクション【アウターサンセット】と【ロペ】がコラボレーション。大人に向けた上品でシックなブルゾンにはボンディング加工を施し、軽さと膨らみを兼ね備えたツイード素材を採用しています。ミニマルなデザインながら背中から程よく広がるシルエットがフェミニン。

【ジャーナル スタンダード】カーデ感覚で羽織れるざっくりツイードのジャケット

イタリアのテキスタイルメーカー、ラトーレ社のツイードは、軽くざっくりとした素材感。それを活かし、ノーカラー&肩パッドを入れず気楽に着られます。ラフに羽織れるのにきちんと見えするのが嬉しい。

【ビーミング by ビームス】1点投入で洒落感を上げたいならロングジャケットを

ロング丈のゆったりとしたサイズ感のジャケットは、ざっくりとしたツイード生地でよりカジュアルな雰囲気にシフト。ノーカラーも抜け感を生み出します。

【バーニーズ ニューヨーク】今年らしい短丈&短袖で、羽織るだけでスタイルをアップデート

人気スタイリスト白幡啓さんがディレクターを務める【スタイリング】に別注した【バーニーズ ニューヨーク】のエクスクルーシブなツイードジャケット。肉厚な生地でもクロップド丈と短めの袖でエレガントになりすぎず、デニムなどカジュアルなボトムスとも好相性。

【デミルクス ビームス】旬の短丈をツイードジャケットでも取り入れて

別注ツイードをチェック柄に編んだジャケットは、デイリーに羽織りやすいデザイン。ややコンパクトなシルエットでカジュアルさを、胸元のパッチポケットとメタルボタンがクラシカルなポイントを加えます。

【アーバンリサーチ】いつものトップスにプラスするだけで今っぽくなるベスト

ツイードのように見えるニットのベストは、ヒップの下くらい丈感、脇のスリットが抜け感を演出します。合わせるボトム次第でエレガントにもカジュアルにも振れる絶妙なバランス感です。