ショートヘアでボリュームアップを目指すなら、パーマの力を借りてみて。首元のスッキリ感はそのままに、華やかな立体感を演出することができます。重くなりがちな暗髪でも、単調なイメージを脱却してふわっと軽やかに決まりますよ。そのほか、伸ばしかけに飽きてニュアンスを変えたいときにも重宝します。淡色にカラーリングした甘いテイストから、かっこいいハンサム仕上げまで、4つのスタイルをご紹介します。

淡色で一気にボリュームアップ

襟足を首元ギリギリまでカットした、爽やかなショートヘア。パーマで大きく動きをつけると、トップや前髪がふんわりエアリーに盛り上がります。淡いピンクベージュのカラーは、膨張色の役割を果たし、実際の毛量以上の立体的感を与えてくれます。サイドは耳にかけて、メリハリをつけるのも忘れずに。

暗髪のまま軽やかに

刈り上げハンサムショートにソフトツイストパーマを合わせたメンズ感を楽しめるスタイルです。ランダムにウェーブがつくことで、黒髪でも軽さが生まれ、こなれた雰囲気を味わえます。トップにボリュームが出やすいので、髪が柔らかく、セットだけでは上手く決まらない方には特に向いています。

伸ばしかけにもピッタリ

ボブやミディアムに向けて伸ばしている、ショートボブの方にもパーマがオススメ。ダウンスタイルだと単調に見え、アップにするのは難しい、という長さなら華やかな動きで変化をつけてみて。パーマをゆるめにかけるだけでも、グッとエアリーになりイメチェンを楽しめます。前髪には透け感をもたせてバランスを取ると◎

ハンサムテイストも人気

耳から後ろを短くカットした、かっこいいハンサムマッシュ。パーマで曲線を加えると、ほどよく女性らしさをフォローできます。ジャケットをはじめとする、秋冬のマニッシュなアイテムと合わせる時こそ、カラーや動きで絶妙な色気を足してバランスを取るのがベターです。決めすぎないニュアンスパーマを選ぶことで、こなれ感も演出できますよ。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@ryo__garden様、@nakamura_ryuta様、@matsuo_makes様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:tea