辛さで暑さが吹き飛び、スパイスの香りで食欲も増進するカレー。夏真っ只中の8月は、カレーを食べて体力つけたいですよね。今回は【無印良品】で買える「MUJIオリジナルカレー」を一挙ご紹介します。辛さがクセになる牛すじカレーやダイエット中も食べられる低糖質カレーなど、お気に入りのカレーをぜひ見つけてみてください。

辛さがじわじわくる「牛すじカレー」

牛すじとオニオンをデミグラスベース・ルゥ・トマト・りんごペーストなどで煮込んだ「牛すじカレー」。辛さレベル4の「牛すじカレー」は、実食した@muji_syusyuさんによるとデミグラス感が強いそうで「食べ進めると少しずつ辛くなりあとからじわっとくる感じ」なのだそう。あとひく辛さがクセになり食欲がどんどんわいてきそうです。

人気投票3位にランクインした「プラウンマサラ」

無印公式のレトルトカレー人気投票2022年で、第3位にランクインしている「プラウンマサラ」。南インドのシーフードカレーをお手本にして作られたという「プラウンマサラ」は、エビやタケノコなどの具材をココナッツミルクやトマトペースト、スパイスなどで煮込んでいるのが特徴。実食した@muji_syusyuさんいわく「ココナッツミルクでクリーミーな味わい」を楽しめるそうです。

家庭的で辛くない「国産玉ねぎと豚肉のカレー」

辛くないカレーが好きな人には「国産玉ねぎと豚肉のカレー」がおすすめ。食べ応え満点の豚肉がごろっと入っていて、@muji_syusyuさんいわく「ほんのり醤油が香る和風な味」がするのだそう。お母さんが作ったような家庭的な味を求めている人も満足できそうなカレーは、酸味や辛味がないそうなので子どもも食べやすそうですよ。

ダイエット中におすすめ「大豆ミートのスパイシーキーマ」

MUJIオリジナルカレーは、糖質10g以下シリーズも人気。「大豆ミートのスパイシーキーマ」は、お肉を一切使用していない完全植物性カレー。高タンパク・低カロリーで食物繊維もたっぷり摂れる大豆ミートは、ダイエット中もお腹いっぱいカレーを食べたい! そんなときにぴったりの商品です。@muji_syusyuさんによると「お肉のような食感で、大豆特有の臭みもなく食べやすい」そうですよ。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@muji_syusyu様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:mana