2000年代といえば、渋谷や原宿発のファッションが大きな話題でした。それから20年が経ち、2000年代ファッションは「Y2K」と呼ばれ、再び人気に火がつき始めています。しかし、なかには2000年代ファッションと聞いて、ピンと来ない人もいるでしょう。今回は2000年代ファッションに焦点を当て、Y2Kの定番アイテムを紹介します。人気のトレンドコーデも紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

Y2Kとは

Y2Kとは、「Year2000」の略称で、2000年代に流行したファッション全般を指します。元々はパソコンのバグ問題に使用されていた言葉ですが、2000年代ブームが到来した際に、Y2Kと呼ばれるようになりました。Yは「Year」の略称、Kはkgやkmの単位を表す「1000」という意味があります。

Y2Kは、2000年代ファッションをベースに、現代トレンドを取り入れるスタイルが特徴です。2000年代と比較しながら、Y2Kの特徴や基本ポイントについて紹介します。

●派手なカラー&デザイン

Y2Kは、派手なカラーやデザインが基本です。2000年代といえば、ピンクやオレンジのビビッドカラーが大人気。またトップス・ボトムスどちらも、丈を短くデザインした「ミニ丈」ファッションが主流でした。

Y2Kも同様に、トップスはお腹がチラリと見える丈感で、ボトムスはミニ丈が定番。パンツスタイルは、股上が浅く作られたローライズが基本です。スカートスタイルも、ミニ丈の台形シルエットを選び、ポジティブなイメージを演出しましょう。

Y2Kの派手カラーは、コーデ全体の存在感を出すために必要なポイント。ビビッドカラーの他にも、ドットやマルチボーダーの柄を選び、明るい印象にまとめましょう。暑い夏の季節は、クリアカラーを取り入れると、爽やかな雰囲気を演出できます。2000年代の流行カラーをベースに、季節に合うポジティブカラーを取り入れましょう。

●程よい肌見せ

2000年代ファッションは、ミニ丈から分かるとおり、程よい肌見せがキーワード。大胆に肌見せして、色っぽい雰囲気を演出するコーデが基本でした。Y2Kも肌見せが基本ですが、より現代らしいジェンダーレス感を取り入れています。

今っぽい肌見せスタイルを作るなら、「ヘルシーな色っぽさ」を意識することが大切です。大胆な色っぽさは避けて、程よい肌見せスタイルに仕上げましょう。

肌見せが苦手な人は、裾にスリットが入っているデザインを選ぶのがおすすめです。ロング丈のマーメイドスカートや、タイトスカートに取り入れると、大人リラクシーな雰囲気を演出できます。

Y2Kの定番アイテム

Y2Kは、2000年代に流行したアイテムを取り入れるのが基本です。しかし、20年前の流行であるため、どのようなアイテムを選んだらいいか迷う人もいるでしょう。

ここでは、Y2Kの2000年代ファッションを代表とする定番アイテムを紹介します。

●クロップド丈トップス

Y2Kといえば、クロップド丈トップスが定番です。クロップド丈トップスとは、胸下あたりからお腹まで、丈を短くカットしたデザインのこと。個性的なデザインであるため、シンプルな無地Tシャツでもおしゃれに決まります。また上半身がスッキリ見えるため、全身をスタイルアップできる点も魅力です。ミニ丈のボトムスを合わせると、より脚長効果が期待できます。

クロップド丈トップスは、シンプルに1枚着るだけではなく、レイヤードスタイルも人気です。肌見せが苦手な人や、今っぽい雰囲気をプラスしたい人におすすめできます。

レイヤードスタイルに挑戦するなら、トップスに似合うインナーを着ることが大切です。胸あたりまでカットされた大胆なトップスは、シンプルなキャミソールを合わせて、大人っぽくまとめましょう。シンプルなニットなら、白シャツを取り入れると、垢抜けた印象にまとまります。

●プリーツスカート

2000年代のミニスカートといえば、プリーツデザインが大人気。縦ラインが入っているため、脚長に見えるシルエットが魅力です。ハイウエストを選ぶと、よりスタイルアップできるでしょう。

ミニ丈のプリーツスカートは、華やかなデザインが魅力。暗い色を合わせても、重たく見える心配はありません。あえてブラックやグレーのカラーを選び、大人っぽいシックな印象にまとめましょう。華やかな印象に見せるなら、チェック柄がぴったり。ブラウンやイエローがベースのチェック柄を選ぶと、2000年代の映画を彷彿とさせるレトロな印象に仕上がります。

●ローライズジーンズ

ローライズジーンズは、2000年代に欠かせない流行アイテム。腰あたりで履くデザインであるため、程よい抜け感を作れるアイテムとして人気です。太めのジーンズを選び、余裕のあるカジュアル感をたっぷり作りましょう。

ローライズジーンズは、重心が下がるため、トップスはコンパクトにまとめるのがポイントです。シンプルなクロップド丈Tシャツを取り入れると、メリハリのあるコーデが作れます。他にも、キャミソールやスウェットを合わせて、スポーティな印象にまとめましょう。肌見せが苦手な人は、うえからカーディガンを羽織るのがおすすめです。

●ロングブーツ

ミニ丈ブームに合わせて、足元はロングブーツでスッキリ見せるのが定番です。ミニスカートだけではなく、パンツスタイルとも相性がよく、幅広いコーデに活用できます。足元がシンプルに見えるため、スタイルアップが期待できる点も魅力です。

2000年代ファッションは、ミニスカートに、ロングブーツを合わせるコーデが定番。シンプルなブラックブーツを選ぶと、どのコーデにも合わせやすくなります。おしゃ見えするなら、レースアップデザインや、厚底ブーツがおすすめです。個性的な柄物スカートと合わせると、一気にY2Kらしい雰囲気に仕上がります。

●ホーボーバッグ

今年は、2000年代に流行したホーボーバッグが再び話題に。三日月のような形をしたデザインで、簡単におしゃ見えできるため、注目を集めています。

ホーボーバッグは、コーデに似合うカラーを取り入れることが大切です。洋服に派手カラーを取り入れた場合は、ブラックやホワイトのモノクロカラーを選び、コーデ全体をまとめましょう。反対に洋服がシンプルなら、バッグは派手カラーを選ぶのがおすすめです。イエローや、グリーンの明るいカラーを選ぶと、コーデ全体が明るく見えます。

Y2Kアイテムの組み合わせコーデ

Y2Kは、2000年代の流行アイテムをベースに、今っぽい雰囲気に仕上げるコーデがポイントです。

ここでは、Y2Kアイテムの組み合わせコーデを紹介します。2000年代の雰囲気を程よく取り入れて、おしゃ見えスタイルを作りましょう。

●ちびTシャツ×プリーツスカート

ちびTシャツとは、クロップド丈までカットした小さめトップスのこと。タイトなシルエットであるため、女性らしい曲線ラインを強調できます。無地のシャツを合わせても、程よい色っぽさを演出できる点が魅力です。

ちびTシャツコーデは、トップスがコンパクトな印象であるため、ボトムスにボリュームを作りましょう。ミニ丈のプリーツスカートを選ぶと、一気にY2 Kらしい雰囲気が手に入ります。トップスはシンプルな無地にまとめて、ボトムスはチェック柄を合わせるコーデが人気です。足元はシンプルなスニーカーを合わせると、おしゃれなスクールガール風に仕上がります。

●ニットガーデ×ローライズジーンズ

クロップド丈のニットカーディガンは、ローライズジーンズとの相性がバツグン。無地と柄物どちらを合わせても、おしゃれな雰囲気を演出できます。

ニットカーデのインナーは、クロップド丈のキャミソールで統一感を作りましょう。カーディガンとセットになったアンサンブルを取り入れると、同系色コーデを楽しめます。ローライズジーンズは、ダメージ加工のデザインを選び、ストリート感たっぷりにまとめましょう。股上が浅いデザインが苦手なら、代わりにバギーパンツを選んでも、Y2Kらしい印象に仕上がります。足元はサンダルやヒールを選び、程よい女性らしさを狙いましょう。

まとめ

今回は2000年代ファッションに焦点を当て、Y2Kの定番アイテムを紹介しました。

Y2Kファッションは、2000年代の流行をベースに、現代トレンドとMIXさせるスタイルがおすすめです。今回紹介したアイテムやコーデを参考に、ポジティブ感あふれるY2Kファッションに挑戦してみてはいかがでしょうか。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@oimo_30_omio様、@p___chiiiii様、@yuririn_wear様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。