おでこが広い方は、気になるスタイルの前髪があっても、おでこを出す勇気がないというお悩みを抱えがちです。今回は、おでこが広い方に似合うスタイリングを紹介します。おでこの広さが気にならない前髪に挑戦して、垢抜けスタイルを目指しましょう。

おでこが広いとは

おでこが広い方といっても、自分では気が付きにくい場合があります。家族や友人から指摘されて、おでこが広いと知った方もいるのではないでしょうか。

まずは、おでこが広い方の特徴や、おでこが広く見える前髪を紹介します。

●おでこが広い方の特徴

おでこが広いといっても、見た目だけでは判断しにくいでしょう。またおでこの広さについて、正確な基準はありません。

一般的には、おおよそ以下の特徴を満たしている場合、おでこが広いと考えられるでしょう。

【おでこが広い基準】

面積:顔の3分の1以上占めている

長さ:生え際から眉毛まで6cm以上ある

おでこの面積が3分の1以上ある方や、おでこの長さが6cm以上ある方は、おでこが広いといえます。また顔型や顔のパーツによって、おでこが目立って見える場合もあるようです。特に面長さんは、顔の縦幅が長いため、おでこが広い印象を与えます。

●おでこが広く見える前髪

おでこが広い方は、前髪のスタイルによって、おでこが余計に広く見えてしまう可能性があります。苦手な前髪について、以下のとおりまとめました。

【おでこが広く見える前髪】

  • 前髪に厚みがある
  • おでこが隠れている
  • 全体的にボリュームがない

おでこが広い方は、おでこを見せたくないため、隠してしまう傾向が多いです。しかし、前髪でおでこを隠すと、のっぺりとした印象を与えます。厚みのある前髪も同様に、髪全体が重い印象に見えるため避けましょう。

また全体的にボリュームがなく、ペタンコの前髪は、顔が間延びして見えます。前髪は根元からボリュームを作り、立体感のあるシルエットに仕上げましょう。

おでこが広い方の前髪スタイリング

おでこが広い方は、前髪を重く見せないことや、ボリュームを作ることが大切です。

おでこが広い方に似合う前髪スタイリングを紹介します。

●前髪は根元から作る

前髪は、根元から作ることが大切です。前髪を綺麗に見せるなら、前髪の根元に近い奥の方から作りましょう。前髪全体にボリュームが生まれるため、おでこの広さをカバーできます。

前髪を軽い質感に仕上げるなら、前髪の生え際から作りましょう。例えば、シースルーバングの場合、根元から作ると、おでこが余計に目立ってしまいます。シースルーバングは、前髪の生え際からスタイリングして、重く見えすぎないよう気をつけましょう。スタイリングも同様に、前髪の中間から軽く巻いて、ふんわり感を作るのがおすすめです。

●前髪は隙間を意識

前髪ありスタイルの場合、程よい隙間を作りましょう。おでこが広い方といえば、前髪を厚めに作り、おでこを隠してしまいがちです。しかし、厚い前髪は、おでこが広く見える原因となります。またおでこの面積が多いため、前髪が真ん中で割れてしまう場合も多いです。

おでこは全部隠してしまうより、チラ見せして、程よい抜け感を作るといいでしょう。

前髪に隙間を作る際は、顔の雰囲気に合わせて、分け目を決めるのがおすすめです。ナチュラルな印象なら、前髪は分け目を決めず、自然に流しましょう。大人っぽい印象に見せる場合、左右どちらかに流すのがおすすめです。どちらもおでこが程よく見えるスタイルで、顔全体のバランスが綺麗に整います。

●前髪の根元はふんわり巻く

おでこが広い方は、前髪にボリュームを作る必要があります。前髪がペタンコだと、おでこの広さが強調されてしまうためです。前髪の根元をふんわり巻くだけでも、空気が入っているようなボリュームを作れます。

前髪なしスタイルは特に、根元のふんわり感が重要です。スタイリングの際は、前髪を上にあげた状態で、前髪の根元にコテを当てましょう。数秒間当てると、前髪にふんわり動きが生まれます。仕上げにワックスやムースをつけて、ふんわり感を長時間持続させましょう。

おでこが広い方に似合う前髪アレンジ

おでこが広い方は、透け感のある前髪や、ふんわり感のある前髪を取り入れましょう。

おでこが広い方に似合う前髪アレンジを紹介します。前髪あり・なしどちらも紹介しているため、ぜひ参考にしてください。

●シースルーバング

おでこが広い方は、シースルーバングとの相性がバツグンです。透け感のある前髪で、おでこを程よくチラ見せできます。またシースルーバングは、多くのおしゃれ女性が取り入れている定番の前髪スタイルです。おでこの広さを抑えつつ、垢抜けた印象に仕上がります。

シースルーバングは、真ん中の前髪だけ手に取り、サイドは横に流しましょう。サイドは少し長めにカットすると、顔まわりに自然な流れを作りやすくなります。スタイリングの際は、ストレートアイロンやコテを使い、中間から軽く内巻きにしましょう。ふんわり感をしっかり作り、おでこのボリュームが目立たないよう意識することが大切です。

●ぱっつん前髪

ぱっつん前髪といえば、重いイメージがあるのではないでしょうか。シースルーバングに近いぱっつん前髪なら、前髪が重い印象に見えません。オン眉はキュートな印象に、眉下は女性らしい印象に仕上がります。

またぱっつん前髪は、前髪の幅を調整して、顔のバランスを調整することが大切です。束間を意識しながら隙間を作ると、まとまりのあるスタイルに仕上がります。モードな印象に仕上げるなら、厚みのあるぱっつん前髪もおすすめです。前髪のサイドは、少し長めにカットして、外側に流すと、顔の輪郭が綺麗に見えます。

●センターパート

前髪なしスタイルに挑戦するなら、センターパートがおすすめです。あえて大胆におでこを出して、顔全体を明るく見せましょう。しかし、前髪なしスタイルは、前髪全体にボリュームがないと、おでこが広く見えてしまいます。センターパートを取り入れるなら、髪全体にしっかり動きをつけましょう。

スタイリングの際は、根元をふんわり立ち上げて、毛先は外巻きにするのがポイントです。顔まわりも軽く巻いて、おでこに集まりやすい視線を分散しましょう。パーマやウェーブヘアに取り入れると、エアリー感が増して、より華やかな印象に仕上がります。

●オールバック

オールバックといえば、クールな印象があり、勇気が出ない方もいるでしょう。しかし、前髪をラフにまとめて、後れ毛を作るアレンジ方法なら、女性らしい印象を演出できます。

オールバックは、前髪をまとめる前に、軽く巻くのがポイント。あらかじめふんわり感を作り、前髪にボリュームを出しましょう。またワックスを前髪全体につけると、スタイリングしやすくなります。前髪を後ろにまとめる際は、ヘアピンを使い、ラフな印象に仕上げましょう。

まとめ

おでこが広い方に似合うスタイリングや、前髪アレンジを紹介しました。おでこが広い方は、おでこを全部隠してしまいがちです。しかし、前髪が重く見えるため、余計におでこの広さが目立ってしまいます。

おでこが広い方は、程よくおでこをチラ見せすることが大切です。似合う前髪アレンジを取り入れて、顔のバランスを綺麗に見せましょう。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では、@nak__hair_kelly様、@hinechi_pageboy様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。